大工魂ブログ

勾配天井のメリット・デメリット③

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は気持ちの良い一日に名ありましたね(o^―^o)

 

さて、本日は「勾配天井のメリット・デメリット」

の続きです!

 

 

屋根と大きく関係する

 

忘れがちなのが、屋根の勾配(角度)と勾配天井の関係です。

 

勾配天井は通常、屋根の勾配に合わせて天井をつくるので

屋根の勾配が重要になってきます。

 

そのためせっかく勾配天井にしても

「あれ?イメージと違う💦」

なんて事もありえます。

 

勾配天井にする場合は、どれくらいの高さになるのか

予め確認しておくと失敗が少なくなりますよ😊

 

また、勾配天井は屋根の形の影響を大きく受けます。

 

屋根が方流れ屋根なら一方向に高い勾配天井に。

 

屋根が真ん中で折れ曲がっていたら

部屋の真ん中が一番高い勾配天井に🎶

 

勾配天井の形は屋根の形次第になってきます。

 

ただし、屋根の形は外観に大きく影響しますので

どちらを優先させるかを考える必要があります!

 

 

家の性能が問われる

 

勾配天井の家にする場合、部屋の容積が増えるので家の断熱

気密性能が問われるようになります。

 

これは吹抜けでも同じですね!

 

性能の悪い会社で勾配天井をつくってしまうと

部屋がなかなか暖まらないなんて事も💦 

 

勾配天井や吹き抜けを考える場合は

断熱材や窓にも、こだわりたいですね✨

 

勾配天井をつくるなら

家の性能が高い会社を選ぶ事が重要です!

 

 

 

 

さて、今回で「勾配天井のメリット・デメリット」

に関してのご紹介は終わりです!

 

見学会でも打ち合わせでも、大好評の勾配天井♪

 

せっかくの一生に一度の「家づくり」だからこそ

見た目にも、性能にもこだわりたいですね✨

無料資料請求・お問い合わせ