大工魂ブログ

住宅購入時のトラブル③

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、また一段と寒くなりました(o^―^o)

 

県内でも、雪が降っている地域があるようです⛄

 

皆さまも、車の運転などにはお気を付けくださいませ💦

 

さて早速ですが、購入時のトラブルシリーズです(o^―^o)

 

 

 

③ 古い知識に固執した作りで、耐震性が低く、冬は寒い

 

注文住宅の中でも、地元の工務店で建てたときのトラブルを

想定してみました…💦

 

工務店はたいていが木造軸組工法です。

 

新しい住宅について研修を積んでいない業者さんは

悪い意味で古い方法に固執して建てる場合があるのだとか😢

 

金物を省略したりするなど、耐震性が劣るケースなど

構造計算も義務ではないので

安全性を数値などで把握することが難しくなってしまいます。

 

また、断熱材の使用量が少なくかったり、取り付け方が悪かったりして、

せっかくの注文住宅にもかかわらず、断熱材が結露で垂れ下がり

「夏は暑く」「冬は寒い」という事も…

 

また、隙間も多いので冷暖房の効きも悪いという

悪い意味での昔の家が出来上がってしまいます。

 

勿論、地元工務店が全てそうであるわけではありません!!!

 

きちんとした工務店は、新しい技術を学んだり

構造計算も行っています。

 

 

因みに、坂井建設でも地震対策は特に力を入れて

「家づくり」に取り組んでいます(o^―^o)

 

更に、お施主様は勿論ですが、ご希望の方には

現場見学も随時受け付け中です✨

 

完成したら見えない場所は特に

しっかりと把握できるようにしましょう!

 

無料資料請求・お問い合わせ