大工魂ブログ

住宅購入時のトラブル①

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日も暖かい一日でしたが

 

来週からはまた寒くなるようですね💦

 

風邪などひかれませんよう、お気を付けください(o^―^o)

 

 

 

 

さて、坂井建設は注文住宅の会社です。

 

毎日、「家づくり」と真摯に向き合っております。

 

が!今回は「注文住宅のよさ」から少し離れ、

なかなか業者側が言い出さない悪い例について、

いろいろなケースを想定してご紹介したいと思います。

 

① インナーガレージで車のドアが開けられない!

 

車の寸法は、一般的に幅が1.8m、長さが4.5m程度あります。

 

ですが、規格住宅や建売などの場合、

幅が2.1~2.5m程度となっていることが多いそうです。

 

2.5mの幅では、車のドアの開閉ができる限界で、

それ以下では乗り降りするのも難しいでしょう💦

 

ましてや、車庫の奥に家が建っていて

車の横を通って家に入らなければならないタイプの場合、

車の横が狭いと、車庫からは家にすら入れません!

 

そして、もうひとつ重要なことは、

自転車置き場がないことです。

 

そのため、実際には(軽自動車を除いて)

車庫として利用することが難しく

駐車場は別途借りるケースも少なくないそうです。

 

つまり、車庫は自転車置き場兼物置として

使われているのが実態です…

 

駐車場代という固定費は思わぬ出費となり

車を手放さないと、家計には大きな打撃となります。

 

駐車スペースのない土地というのは珍しいかもしれませんが

インナーガレージを検討される場合は、

不適切な設計や設計ミスによるトラブルに注意しましょう💦

 

因みに…

 

インナーガレージは、容積率には含まれませんが、

建築面積には算入されます。

無料資料請求・お問い合わせ