大工魂ブログ

屋根の話③

こんにちは、広報の古賀です。

 

早速ですが、前回の続き「屋根」に関してです(o^―^o)

 

屋根の勾配!

 

屋根の勾配とは、屋根の角度のことです。

 

同じ屋根でも屋根の勾配が違うと、家の外観がかなり変わってきます。

 

あまりに屋根の勾配が急だと、屋根の工事に手間がかかるので

金額アップの要因となりますし、屋根の勾配がかなり緩いと

雨がうまく流れていかないというデメリットが💦

 

家のデザインと相談しながら丁度よい

屋根の勾配を決めていくのがポイントです!

 

また、屋根材によっても必要な勾配が変わってきます。

 

屋根瓦だと勾配がある程度ないと使えませんし、金属製の屋根なら

かなり緩い勾配の屋根にも使うことが出来るんだそうです。

 

屋根の勾配は、設計士の方が良い角度に調整して提案しますが

家の外観が気になる場合は屋根の勾配を変えてみるのも

1つの方法と言えますね🎶

 

 

今回は屋根の形状についてお伝えしました。

 

屋根の形は家の外壁材や窓と並んで、

家の外観を決定づける大きな要素となります(o^―^o)

 

また外観だけでなく、雨を防ぎ、日の光を調整する機能も果たす

重要な役割を持っています!

 

屋根の形にこだわりつつ機能も併せ持った屋根にしてあげると、

外観だけでなく長い目で見てもオススメの家が出来上がります。

 

見た目も機能もお気に入りの家にしたいですね(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ