大工魂ブログ

確定申告①

こんにちは、広報の古賀です。

 

早速ですが…

 

『家を買ったら確定申告しないといけない』

 

住宅ローンを組んで家を購入しようとお考えの方は

聞いたことがあるかもしれません。

 

では、この確定申告とはなんの事でしょう。

 

 

確定申告って何?

 

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日)に所得のあった人が

所得税額を「申告納税」する、また納めすぎた所得税を「還付申告する」

税務処理のことで、原則翌年の2月16日~3月15日に行います。

 

会社員だから確定申告したことないけど?

 

年末が近づくと、会社から「年末調整の書類出して」と言われると思います。

 

会社から給与をもらっている人は

会社が税金を給与から毎月天引きし、税務署に納めています。

 

毎月の給与から概算額で税金を払っているため、

年末に過不足を調整します。これが「年末調整」です。

 

この「年末調整」があるため、会社員は通常、確定申告をしなくてよいのです。

 

 

家を買ったらなんで確定申告が必要なの?

 

確定申告には、所得税を納める申告納税とは別に

納めすぎた所得税を還付してもらうための「還付申告」もあります。

 

この「還付申告」の代表的なものに「住宅ローン控除」があります。

 

「住宅ローン控除」を受けるための手続きは、

会社を通じた簡易な手続きである「年末調整」ではできないため

自分で税務署に行き、確定申告しないといけないのです💦

 

しかし、住宅ローン控除に関しては、確定申告が必要なのは1年目だけで

2年目以降は年末調整ができます。

 

 

「住宅ローン控除」って?

 

「住宅ローン控除」とは、マイホームを一定の条件のローンを組んで購入したり、

省エネやバリアフリーなどの特定の改修工事をしたりすると

年末のローンの残高に応じて税金が還ってくる制度のことです。

 

この制度の適用を受けるには、例えば新築なら、

 

〇所得(←収入-所得税)が3000万円以下であること

〇返済期間が10年以上の住宅ローンであること

〇ローンの返済者が実際に住んでいること

〇住宅の延べ床面積が50㎡以上であること

〇居住が始まった年と、その前後の2年ずつの5年間に、

居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の

課税の特例等を受けていないこと

 

などの条件があります。

(次回に続きます…)

無料資料請求・お問い合わせ