大工魂ブログ

窓の力

こんにちは、広報の古賀です。

 

11月に入り、朝晩は特にすっかり寒くなってきました(o^―^o)

 

そうなると気になるのは「結露」ではないでしょうか?

 

「結露」はカビの原因になるため、放っておくことは出来ません。

 

しかし、朝の忙しい時間に窓ふきするのも大変ですよね💦

 

ですが、「窓」そのものの性能でその負担を軽くすることが出来るんです🎶

 

それがペアガラスです。

 

 

ペアガラスの一番の目的は、断熱効果を高めることです。

 

窓ガラス1枚隔てて外気の場合、暖房をつけていても、ストーブを焚いていても、

窓ガラスを触るとすごく冷たいですよね。

 

これは、窓ガラスから熱がどんどん逃げているからです。

 

これをペアガラスにするとどうなるかというと、

従来の一枚ガラスに比べて、2倍の断熱効果があります。

 

ペアガラスは、基本的に乾燥空気を充填させた2層のガラスでできています。

 

ペアガラスを検索すると、必ず出てくるのが

「Low-Eガラス」です。

 

Low-Eガラスとは、通常のフロートガラスの片側表面に、

非常に薄い金属膜をコーティングしたガラスのことをいいます。

 

主な働きは、放射率を低く抑えることですが、

簡単に言うと放射しやすい(放射率が高い)と

熱を吸収しやすい、ということです。

 

Low-Eガラスには、高断熱タイプと遮熱タイプがあります。

 

高断熱タイプは、冬期でも太陽エネルギーを多く透過するので、

室内は暖かくなります。

 

また、暖房設備から出る遠赤外線を反射するので、暖まった空気を

逃がさず暖房効率を高めます。

 

 

遮熱タイプは、夏期の強い太陽エネルギーをカットする一方

高い外気温度を遮り冷房効果を高めます

 

また、冬期は高断熱タイプと同様、室内の暖かさを外に逃がさず、

暖かいお部屋をつくります。

 

yjimagew2xtm1q5

では、ペアガラスならば100%結露しないのかというと

残念ながら違います。

 

新築で結露対策としてペアガラスにしたのに、どうして?

 

なんて方、いらっしゃいませんか?

 

例えば…

 

「室温が10℃」で「湿度が60%」の場合、

1枚ガラスが0℃で結露するのに比べて、

ペアガラスは-9℃で結露が発生するといわれています。

 

ですが、湿度が10%増えて、70%になった場合は

ペアガラスでも-3℃で結露します。

 

また、北側の部屋で換気されにくい状態だと

換気が十分で日当たりのよい部屋より結露しやすいでしょう。

 

ガラスだけペアガラスで、枠はアルミサッシだと

サッシに結露が出来ることもあります💦

 

結露を防ぐためには湿度が重要ですので、

室内の湿度を下げることがポイントになってきます。

 

一番の結露対策は、湿度の管理です!

 

冬場でも、湿気の溜まりやすい場所は換気や除湿に心掛けて

湿度を管理してみて下さい(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ