大工魂ブログ

地鎮祭

こんにちは、広報の古賀です。

 

昨日地鎮祭が行われました(o^―^o)

「地鎮祭」とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に

工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式の事です♪

 

「じちんさい」と読むほか

「とこしづめのまつり」と読むこともあるそうです。

 

「鎮」の字には

しずめる、落ち着かせるといった意味があります。

 

工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし

祝詞をあげ、お祓いをして浄め

最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

 

因みに、地鎮祭は慣例的には吉日を選んで

行なわれることが多いようです。

 

地鎮祭の吉日とされるのは

大安、先勝(または友引)の日です。

 

大安または先勝(または友引)の日を選び

午前中に行います(o^―^o)

 

土地の神様にご挨拶です🎶

 

しっかりと、安全をお祈りした後は

いよいよ着工です(o^―^o)

 

これから、どんな「家がづくり」が

始まるのでしょうか?

 

楽しみです!

無料資料請求・お問い合わせ