大工魂ブログ

マイホームを購入するために見直すべき3つの保険③

こんにちは、広報の古賀です。

 

昨日に引き続き、「マイホームを購入するために見直すべき3つの保険」

その③です(o^―^o)

 

 

 

個人年金保険

 

老後、お子さんたちが自立し、夫婦二人で生活していくのに、

いくら必要になるのでしょうか?

 

暮らしに必要なお金は、衣食住だけではありません💦

 

税金、保険料などの支払い

交際費

慶弔費

子どもたちへの支援などなど。。。

 

とある保険屋さんの計算では、

最低でも月35万円必要だそうです。

 

「え?年金じゃ足りない。。。💦」

 

そこで提案されるのは、個人年金保険です。

 

 

 

 

「個人年金保険」「確定搬出年金」

 

個人年金保険のメリットとしては、税金の控除が受けられることです。

 

しかし、控除の最大額は、

所得税が40000円、住民税が28000円です。

 

これを還ってくる税金の金額で計算すると、

年間6,800円程度しか戻ってきません。

 

仮に控除を30年受けたとすると、

控除金額は合計204,000円(所得税率10%)となります。

 

確定搬出年金はどうでしょう。

 

こちらは、掛けた金額全額が社会保険料控除として所得控除になります。

 

仮に毎月10000円確定搬出年金を掛けたとして

還ってくる税金を計算すると

年間18000円、30年間で540000円 となります。

 

控除額だけでも、個人年金の数倍のメリットがあります。

 

さらに、運用して得た利益が非課税という利点もあります。

 

とはいえ、どちらにもメリット・デメリットはありますので

しっかりと、見極める必要がありそうです(o^―^o)

 

 

 

 

「医療保険」「終身保険」「個人年金保険」の

3つの保険の見直しについてご紹介しました。

 

一生に一度のマイホーム購入。

 

予算をしっかりとたてられるように、加入している保険についても

改めて見直してみるのは、どうでしょうか♪

無料資料請求・お問い合わせ