大工魂ブログ

「借入可能額」と「返せる額」

こんにちは、広報の古賀です。

 

昨日は、つなぎ融資についてご紹介しました。

 

一戸建てを新築する場合、まず住宅ローンを考えると思います。

 

では、住宅ローンの「借入可能額」と「返せる額」は

どう考えたらいいのでしょうか?

 

 

新築を考えたとき、気になることの一つが借入可能額ですね!

 

いくら借りられるかがわかれば、土地や建物にいくらかけられるのか、

具体的に考え始めることができます。

 

因みに、住宅ローン借入可能額は、金融機関などのサイトで必要事項を入力すれば

簡単に計算することができます。

 

結果は、だいたい税込み年収を基準に5~8倍が借入可能額として出てきます。

 

つまり。。。

税込み年収300万円・・・1800万円前後

税込み年収400万円・・・2400万円前後

税込み年収700万円・・・4200万円前後

 

そして、マイカーローンなどの借入がある場合、

月々の返済額1万円当たり200~300万円程

借入可能額がマイナスになります。

 

ですが!

 

本当にこれだけ借りて大丈夫なのでしょうか。

 

 

例えば、税込み年収400万円の場合は

どうなるでしょうか?

 

税込み年収・・・400万円

手取り年収・・・約338万円

月収手取り・・・約28万円(ボーナスを毎月に振り分け)

 

▼固定費===============
・通信費 15,500円
・ガソリン 10,000円
・医療保険 10,000円
・教育費35,000円

・貯蓄20,000円
▼変動費===============
・光熱費(電気/水道/ガス) 16,000円
・食費&雑費 4,5000円
・被服費 10,000円
・娯楽費 10,000円
・小遣い・雑費 20,000円
・医療費 5,000円

 

家賃を除く支出合計196,500円

 

上記から計算した家賃にかけられる月額=最大で約8万円

 

※ボーナスを入れなければ、家賃は最大でも月額4~5万円

 

 

この結果を覚えておいてください!

 

それでは、次は家賃、借入額を比較していきましょう。

 

現在の家賃から見る借入額

※金利1.5%、35年返済、元利均等で計算

 

家賃(支払額)—-家賃から見た借入可能額——(家賃+2万円)の場合の借入額の目安

 

5万円——–1633万円——–2286万円

6万円——–1959万円——–2612万円

7万円——–2286万円——–2939万円

8万円——–2612万円——–3266万円

 

 

もし、税込み年収の6倍借入ていたらどうなるでしょう。

 

 

年収税込み400万円×6=2400万円借入

 

→→ 月々の返済額=7.5万円

 

 

これでは、ボーナスが出なかったときは破綻してしまいます💦

 

また、どうにか払えたとしても、冠婚葬祭や交際費など、

イレギュラーな支出に対応できません。

 

それに、誕生日やクリスマス、そしてお正月。

 

プレゼントにケーキは「絶対に必要」では無いかもしれませんが

思い描いていた暮らしとは、少し違ってくるのではないでしょうか?

 

 

税抜き年収338万円では、月々6万円の返済で計算すると

1959万円までの借入が可能です

 

これは、税込み年収の時の借入可能額より450万円も少ないんです💦

 

 

 

 

税込み年収400万円で借入額を比較した結果、

「借入可能額」と「返せるであろう金額」

に450万円もの差がありました。

 

借入可能額ギリギリまで借りると、イレギュラーな支出に対応できず

家計を簡単に追い込んでしまいます。

 

住宅ローン計算のシミュレーターを使うときは、2パターンの方法をお勧めします。

 

一つは、手取り年収からの借入可能額を計算で試算してみること。

 

もう一つは、月々の返済額から借入可能額を試算してみることです。

 

 

家なんて建てなければよかった。。。

3年後にそういわないで済むように

まずはしっかりと「返せる額」について考えてみてください(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ