大工魂ブログ

環境と木材

こんにちは、広報の古賀です。

 

雨が降ったりやんだりしていますね☔

 

洗濯物が乾かず困ったものですが、植物は生き生きとしています。

 

さて、先日木材を使用するメリットに関して触れましたが

木材を多用することは、環境破壊につながるのでは?

と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ということで、本日は森林と間伐に関してご紹介します。

 

坂井建設では、自然素材の健康住宅にこだわった

家づくりを行っています。

 

そして、使用する自然素材にはもちろん木材も含まれています。

 

坂井建設のつくった家は、

まるで家の中で森林浴をしているような感覚です。

また、以前ご紹介した通り

坂井建設では県産木材を積極的に使っています。

 

では、佐賀県の森林面積は多いのでしょうか、少ないのでしょうか。。。?

 

答えは、少ないんです。

 

森林は災害の防止機能や水資源を貯める機能があり、

地球温暖化の防止などにも、とても役立っています。

 

だからこそ、佐賀県では森林を育むための活動が行われています。

 

その一つが森林整備、つまり間伐です。

 

間伐していない森林は、日光が入らないため、薄暗く植物が育ちません。

 

一方で、間伐をして森林の中に日光を入れると、木々や下草の

成長を促し、健全な森林を作ることが出来ます。

 

つまり、間伐することで森林の持つ様々な機能が

より発揮されるようになるんです。

 

こうして、木材をふんだんに使った家づくりと

環境保全は両立することが出来ます。

 

これも、木造住宅の一つのメリットではないでしょうか(o^―^o)

無料資料請求・お問い合わせ