大工魂ブログ

断熱材で湿気対策

こんにちは、広報の古賀です。

 

因みに今日は、住宅デーだそうです。

 

これは、全国建設労働組合総連合によって1978(昭和53)年に制定されました。

 

制定当時は高度成長による住宅建設ブームで、

量産の中で職人さんをめぐるトラブルもたくさんあったそうです。

 

このため町の大工さんや左官屋さん等職人の腕と信用をPRする為に制定されたんだとか。。。

 

初めて知りました💦

 

 

 

さて、今日も一日雨でしたね、しばらく続きそうです🌂

 

そこで、引き続き湿気対策についてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

昨日は「木の呼吸」による調湿機能でしたが、今日は「断熱材」です。

 

 

坂井建設は、非常に高性能な断熱材を使っています。

 

ですので、熱の移動を防ぎ「夏は涼しく」「冬暖かい」

快適空間を作り出すことが出来ます。

 

しかし、それだけでは無く「結露防止機能」が備わっているんです。

 

結露は、空気中の水分によって起こります。

 

 

そもそも空気は水分を含んでいますが、どのくらいまで含めるかは温度により変わってきます。

 

つまり、温度が低ければ含むことのできる水分量は減ります。

 

冬に結露が多いのはそのためです。


しかし、梅雨は気温が高めにも関わらず結露します。

 

それは、水分量が多すぎて、空気中の水分が飽和状態になるからです。

 


結露はカビの発生も招いてしまいます。

 

そこで、高性能な断熱材を使って結露を防止し、カビの発生も防ぐことが出来るんです!

 

もちろん、断熱をしない部分(隙間)には、湿気が集まり結露を起こす場合があります。

 

しかし、坂井建設が使用する断熱材は、隙間なく高密度で施工するので、

湿気の流動を抑え結露を防止します。

 

この様に、断熱材もまた、湿気(結露)対策に一役買っています!

 

無料資料請求・お問い合わせ