大工魂ブログ

鯉のぼり

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日から5月ですね。

 

外に出ると、庭に大きな鯉のぼりが立っている家を多く見かけます。

 

きっと家の中では、元気な男の子が走り回っているんでしょうね(o^―^o)

yjimage

 

「端午の節句」といえば中国から伝わったものですね。

 

もともとは、厄よけの菖蒲をかざり、薬草を配り、また病気や災いをもたらすとされる悪鬼を退治する意味で、宮廷で行われていた行事だったそうです。

 

それが日本に伝わり時代が武家社会になると、厄除けの意味合いは薄れ

「菖蒲」と「尚武」をかけて、盛んに祝うようになったとか。

 

洒落だったのでしょうか。。。?

 

そして、それがさらに変化し、江戸時代には 男の子の誕生の祝いになったと考えられています。

 

やがてこの風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまで広まっていき、今では「子供の日」に。

 

因みに、鯉のぼりを飾るのは日本独特の風習のようです。

 

なぜ「鯉」なのかというと

 

「鯉が竜門の滝を登ると竜となって天をかける」という中国の故事があり、

環境の良し悪しにかかわらず、立派に成長し、立身出世するように願って、鯉が飾られるようになったと言われています。

 

出世魚といったところでしょうか?

 
男の子の祝いにのぼりを立てたのは、江戸時代の将軍が始まりだったようですが、鯉のぼりを立てたのは庶民たちだったとか。

子を思う気持ちは、将軍にも武家にも負けてなかったのでしょうね。

無料資料請求・お問い合わせ