大工魂ブログ

諸費用って何?? ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続きからです(o^―^o)

 

 

つなぎ融資とは?

 

つなぎ融資とは…

 

住宅ローンの提供金融機関が注文住宅などを建てるお客様に対し、

住宅ローンが支払われるまでの間、

着工金などの支払いを貸し付けてくれることです💰

 

しかし、ここで注意したいのはつなぎ融資期間中に

つなぎ融資の利子とその諸費用を現金で支払う必要があるということです。

 

では、気になるつなぎ融資の利子と諸費用ですが

大体いくらなのでしょうか?

 

下記をご覧ください。

 

<つなぎ融資の利子計算方法>

・借りたお金×金利÷365×借入日数

 

<つなぎ融資の諸費用>

・つなぎ融資契約書の収入印紙代

→1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円。

・金融機関への申込み手数料

→0円~100,000円

・印鑑証明などの雑費

→1,000円

 

おおよそ、つなぎ融資の金利は2%~3%。

 

3,000万円つなぎ融資で借りて、

年率3%の金利・借入期間180日とした場合は443,835円。

 

つまり、つなぎ融資関連費用だけで

50万円近くかかることも多いことが分かります。

 

 

つなぎ融資以外にも必要な費用

 

注文住宅を建てる場合には、建売住宅と比べ

付帯工事費用やつなぎ融資関連の諸費用が

思った以上に多くかかることに驚いている方もいるかもしれません。

 

しかし、注文住宅には

これら以外にも費用がかかります。

 

こちらもみていきましょう👀

 

<その他の注文住宅特有の諸費用>

・工事請負契約書の収入印紙代

→1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円。

・建築確認申請費用:建設前に役所に申請する費用

→100,000円~200,000円。

・地鎮祭:着工時に神主へ支払う費用など

→30,000円~60,000円(省略する場合も)

・上棟式:棟上げの儀式

→100,000円(省略する場合も)

・設計監理料:数十万円~数百万円

ハウスメーカー・工務店は安く、設計事務所の場合は高いことが多いです。

 

上記の諸費用だけで20万円以上かかる可能性があるのが分かります。

 

建売住宅などの場合も、設計料や建築確認費用などは

厳密にいえば代金に含まれているのでしょうが、

引渡時にローンから支払うのと、

自己資金から用意しなければいけないのとでは

やはり気構えが違うものです💦

 

 

 

 

無料資料請求・お問い合わせ