大工魂ブログ

住宅検査について

こんにちは、広報の古賀です。

 

今回は、「住宅検査」についてのご紹介です😊

 

 

JIO日本住宅保証検査機構について

 

全ての新築住宅において

「構造耐力上主要な部分等」にあった瑕疵(重大な欠陥)については、

新築受け渡しの日から10年間、

その瑕疵を補修するなどの義務を売り主・施工者が負います。

 

建築中の住宅検査が義務付けられた背景には、

いつまでも改善されなかった

住宅業界の悪しき事情がいくつもあったのです💦

 

例えば、設計通りの施工されているか…

工事の品質に問題がないか…など、

監理する立場の責任者が存在します。

 

ですが、仕事をしていなかったり、

現場監督の経験不足や、会社から教育を受けていないため、

簡単なチェックしかできていないなど、現場での問題。

 

それに加えて、確認検査機関や瑕疵保険の検査が簡易的なものであるため、

実質的にはだれも検査していないような状況になってしまっていたのです。

 

弊社ではJIO住宅保証検査機構を通して検査を実施しています。

 

さらに、日本住宅性能表示基準が定められたことにより、

住宅の性能を比較する共通の物差しができました。

 

任意制度ですので、希望すればこれに基づいた評価を

受けることが可能になります。

 

 

検査の流れ

 

① 配筋検査

基礎に鉄筋の太さや配置などが図面の通り適正に施されているかどうか

厳しい検査を行います。

 

②構造体検査

金具や柱などの適正な部材が図面通りに配置、設置されているかどうかなど、

1つ1つすべて検査されます。

 

③外装下地検査

外装の下地の胴縁などが適正に施されているかどうか検査します。

 

④完了検査

開口部や外壁から雨水の侵入がないか等、最終的な確認をします。

 

このように、工務店、設計士、現場、お施主様に加えて

第三者のチェックを入れることで、

安心して住んでいただける住宅を提供しています🏡✨

 
無料資料請求・お問い合わせ