大工魂ブログ

月返済額の落とし穴!

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、毎月の返済額の落とし穴についてご紹介いたします(o^―^o)

 

 

住宅ローンを組む際に皆様気にされるのが

月々の返済額です💰

 

「このくらいなら払っていけそう」

「家賃に+○○円ぐらいかな…。」

 

など、資金計画を立てた上で考えていくものですが

一つ気を付けておきたいのが

 

月々の返済額×12カ月=1年に必要な金額

 

ではない!という事です💦

 

 

例えば、家を建てれば「固定資産税」といった税金や

10年後の「修繕積立費用」などの「維持費」が必要です。

 

まとまった金額がいるため

月々のローン返済にプラスして考えておく方がよいでしょう。

 

因みに…

 

「家賃並みの返済額!」

「家賃より安い!」

 

という広告は、金利や返済期間はもちろん

条件付きのキャンペーンが適用されていないかなど

しっかりと確認しておきましょう💦

 

「この金額なら大丈夫😊」

 

と思っていても、いざ返済が始まると

 

「家計が危ない😢」

 

という状況になりかねません…

 

 

年間単位で考える

 

では、どのように考えればよいのでしょうか?

 

それは、「年間」で考えるという事です😊

 

現在支払っている住居費に駐車場代などを含め

更に、マイホーム資金として年間で貯蓄している分を

足し合わせることで、現在の年間住居費がわかります。

 

(7万円(家賃)+1万円(駐車場代)+2万円(マイホーム貯金))×12カ月

 

=120万円(年間住居費)

 

そこから、「維持費」を引いて12で割った金額が

月々の返済金額となります。

 

年間の支払額(維持費含み)をしっかりと明確にしながら

月々の返済可能額を把握するようにしてみてください😊

 

「よく分からない!」

「資金計画をたてたいんだけど…」

「もっと、詳しく知りたい💦」

 

という方は、お気軽にご相談くださいm(__)m

無料資料請求・お問い合わせ