大工魂ブログ

登記とは? ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、久しぶりの晴れでしたね☀

 

さて今回は昨日の続き「登記」についてです(o^―^o)

 

 

地目変更登記

 

家を建てるためには、

土地の種類(地目)を宅地にする必要があります。

 

地目にはいろんな種類があります。

(農地、雑種地、公園、山林など)

 

もし家を建てる土地が宅地でない場合は、

地目変更をする必要があります。

 

地目変更登記はその時に必要な登記です。

 

もし、地目変更しようとしている土地の地域が

農業振興地域に該当していれば、

地目変更登記申請よりも前に、

その除外の申請をしなければなりません。

 

通称、農振除外の申請と呼ばれるものです。

 

申請先は、通常地域の役所内の農林課(農政係り)となります。

 

ただ、役所によっては農林水産課

という名称の場合もあるようです。

 

普通は、この農振除外の申請をして、

農業振興地域から除外されていなければ、

農地転用届や農地転用許可などの手続きも進みません。

 

この農振除外の申請の役所側の受付や審査については、

だいたい年数回と決まっていますので、

タイミングが悪ければ、

数か月先の受付になってしまうこともあります💦

 

そして、役所によっても異なりますが、

農振除外申請が受付されてから手続き完了までは、

だいたい半年~8か月くらいはかかるようです。

 

つまり、申請するタイミングが悪ければ

農振除外の完了までに1年前後かかってしまうことも

ありえるということです。

 

建物滅失登記

 

現在住んでいる家を取り壊して家を建てたり、

古い建物を取り壊してその土地に家を建てるという場合は、

取り壊す建物の滅失登記をしなければなりません。

 

この滅失登記も、取り壊してから1カ月以内に行わないと

10万円以下の過料となっていますので、注意が必要です。

 

ただ、取り壊した建物が登記されていない場合は必要ありません。

 

 

登記費用の目安

 

建物2000万円の新築、土地1000万円、

2000万円の住宅ローンを借入の場合

 

【登記種類…登録免許税、司法書士等への報酬、印紙税】

 

・土地の所有権移転登記…15万円、4~5万円、なし

・建物の表題登記…なし、8~10万円、なし

・建物の所有権保存登記…16,800円、2万円、なし

・抵当権設定登記…2万円、5~10万円、なし

・住宅家屋証明…1,300円、1万円、なし

・不動産登記情報2通…なし、なし、794円

 

合計39~47万円となります。

 

ちなみに、親の土地に親の名義のまま家を建てる場合…

土地の所有権移転登記が必要ないので、

その分登記費用もやすくなり、30万円前後となります。

 

そして、農地を買って宅地に転用した場合は

登記や手続きのフルコースとなるので、

登記に関わる費用も50万円前後となります。

 

この登記に関わる手続きは、

自分で行うことで20万円ほど節約することができます。

 

しかし、法務局が平日しか開いていないこと、

必要書類をそろえることなど、

注意が必要なこともあります。

 

「詳しく話を聞いてみたい」

「相談したいことがある」

 

という方は、お気軽にご連絡くださいm(__)m

 

 

 

 

完成見学会開催

 

今大人気の平屋の住宅🏡

 

自然素材にとことんこだわった「木の家」です🌲🌲🌲

 

「家づくりをスタートさせたい!」

「家族の健康を大事にしたい」

「平屋の住宅に興味がある」

「土地探しや資金計画の相談をしたい」

 

というかたは、是非ご参加ください!

 

日程:2020/6/27(土)28(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市鍋島町 I様邸🏠✨

電話:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

 

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

↓  ↓  ↓ ご予約はこちらから✨<(_ _)>

無料資料請求・お問い合わせ