大工魂ブログ

耐震強度の重要性について

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は雨ですね☔

 

そろそろ梅雨支度を始めた方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

さて、見学会を無事終えることが出来ましたが

見学会やご来社頂いた方が気にされるポイントの一つが

『耐震性』です🏡

 

地震大国日本に暮らす以上

地震対策は大切です!

 

そこで今回は、『耐震強度』について

改めてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

 

2008年に起きた注文住宅529棟の強度不足問題

 

見出しのニュースは、10年以上前の出来事になります。

 

建売住宅ではなく注文住宅による強度不足のニュースは、

一時業界を騒がせたようです💦

 

一方、建売住宅については、

とある耐震偽装事件以降も強度不足の問題が続いたため、

建築基準法は改正されました。

 

しかしながら…

 

肝心の4号建築物(木造2階建て以下で500m2以下のもの)については、

業界の強い反発により何も変化しなかったそうです。

 

つまり、依然として耐震偽装は可能な状況にあります。

 

4号建築物は、構造計算をしなくてもよく、

確認申請においても構造に関する審査はないのです。

 

また、耐震基準をギリギリ満たしていても、

木造軸組工法で外壁に

構造用合板やダイライトも打ち付けていないような作り

(外壁が防水シートとサイディングだけのもの)では、

大地震時に1階部分が平行四辺形にひしゃげて

倒壊しやすくなるそうです。

 

耐震性の問題は、日常生活にもおいても、

風で家が揺れる、歩くと家が揺れるなどの問題を生じさせます。

 

このような状態が続くと、

家が保障の切れるおよそ10年後には

構造体がガタガタになって、

傾斜・雨漏り・隙間風などの問題を生じさせます。

 

さらに、雨漏りが生じると、

白アリなどの新たな問題が生じてしまいます。

 

坂井建設は木造軸組工法ですが、

お施主様のご要望に応じて強度計算を行っており、

自社の設計において耐震等級3の長期優良住宅をご提供できる

技術力とシステムを確立しております💪

 

日本は地震大国。

 

この機会に、耐震性にスポットライトを当てた

家選び、家創りをご検討されてはいかがでしょうか。

 

また、坂井建設では

ご希望があれば構造見学も受け付けております!

 

「まだまだ、不安だ💦」

「完成したものではなく、構造を見てみたい!」

 

という方は、お気軽にお問い合わせください😊

 

 
 
無料資料請求・お問い合わせ