大工魂ブログ

家づくりで最も圧縮すべきコストとは? ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続き「圧縮すべきコスト」についてです(o^―^o)

 

 

土地の日当たりの良さにこだわらない!

 

土地は、人気があるものほど値段が高く

値段が高い順に売れていきます。

 

一般的に日当たりが良い土地は人気があるため

日当たりが良い土地は全て

必然的に価格が高く設定されるようになっています🏡

 

ですが、日当たりが良い土地に建っている家を見みると…

 

南に大きな窓をたくさんつけているものの、

その全ての窓にカーテンを設置し、

一日中ずっと閉めっぱなしになっていることも👀

 

これは、外から丸見えになるからですね。

 

また、暑さや紫外線のキツさも原因の一つです。

 

これでは、せっかく日当たりが良い土地を買ったのに、

その良さを全て殺してしまいますね💦

 

暗くて閉鎖的な家をつくってしまう典型的な例なのですが、

一方で、たとえ日当たりが悪そうな土地であったとしても、

設計の工夫1つで、明るくて開放的な家をつくることが出来るのも、

多くの方が知らない事実だったりします!

 

土地の形の良さにこだわらない!

 

土地の価格は、形の良さにも左右されます。

 

もちろん、形がいい土地の方が

価格設定は高くされていますよね?

 

しかし、土地の形が良いことと

住みやすい家をつくることが出来ることとは

別の問題です。

 

土地の形が悪くても、設計によってそのデメリットを解消し、

かつ、その土地が持つメリットを活かすことで、

より住みやすい家をつくることが出来ます😊

 

確かに、四角じゃない土地は、

決してパッと見の印象が良いわけではないし、

見ただけではイメージが湧きにくいと思います。

 

それゆえ、多くの方が敬遠しがちなのですが、

こういった土地は、その分価格設定が安くされており

人気がない分、より大胆に価格交渉も出来たりします。

 

また、焦って土地の契約をする必要もなく、

比較的ゆっくりと「家づくり」を進めることが出来る

というメリットを持っています。

 

無駄に広い土地を買おうとしない!

 

なにも建っていない土地を見ると

ずいぶんと狭く感じてしまうものです。

 

それゆえ、多くの方がより広い土地を求めようとします。

 

ですが実際の所は、思っているよりも

遥かに大きな家をその土地に建てることが出来るものです。

 

例えば、50坪という広さがあれば、

充分平屋を建てることができるぐらいのゆとりがあるし、

どれだけ大きな平屋を建てようと思っても、

60坪もあれば充分だったりします。

 

また、土地の単価が高い地域を考えているのであれば

少しでも土地の面積を小さくすることが

土地価格圧縮には欠かせないポイントとなりますね。

 

仮に、50坪という広さを40坪まで縮めてもらったとしても、

わざわざ窮屈で住みにくい総二階建ての家にする必要はなく、

平屋に近い2階建ての家を充分建てることが出来ます。

 

加えて、土地の広さを最小限に抑えることは、

庭の工事費用を最小限に抑えることにもつながります。

 

そもそもの工事面積が小さければ、

その分工事費用がかからないわけです🏡

 

 

常識の真逆こそ成功のカギ!?

 

これら3つのことは、

世間の常識とは全て真逆のことばかりかもしれません。

 

ですが、土地価格を劇的に圧縮するためには、

以上の3つのことを、しっかりおさえた上で、

土地探しをしていただく必要があります。

 

常識にこだわり過ぎて、

無駄に土地にお金を使い過ぎないように

気を付けていただければと思います😊

無料資料請求・お問い合わせ