大工魂ブログ

ローンの話~事務手数料や保証料って?~ ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続きからです(o^―^o)

 

 

ネット銀行は事務手数料、大手都市銀行は保証料

 

また、諸費用を事務手数料だけで選んでしまっても

返済負担が大きくなってしまいます。

 

というのも、ネット銀行は

事務手数料という形で5万円~融資額の2.1%という

費用設定をしていますが、その分保証料は無料

 

大手都市銀行は、事務手数料は3万円と定額ですが、

保証料は金利を0.2%上乗せで

約50万円~150万円ほどの費用負担になるからです。

 

特に保証料の負担は、

金利0.2%上乗せと一見安そうに見えますが、

返済までにかかる費用が100万円を超えることも多いため

注意が必要なのです💦

 

諸費用だけを考えればネット銀行の方がお得と言えます。

 

 

負担の大きいローン保証料

 

諸費用のなかでもっとも負担の大きいローン保証料

 

ローンを返済できなくなったときに備えて、

ローン保証会社に支払うお金がローン保証料です。

 

マイホーム購入時にかかる諸費用の中でも

特に大きな割合を占めます。

 

ローン保証料は、

連帯保証人を立てずに住宅ローンの申し込みをするときに、

ローン保証会社に支払う費用です。

 

ローン保証料の支払い方法には、

大きく分けて一括前払い型と利息組み込み型の2つがあります。

 

一括前払い型は、ローン契約時に保証料をまとめて支払う方法です。

 

 

保証料は金利の0.2%。ただし、100万円以上の費用負担に

 

利息組み込み型は…

ローン保証料をローンの金利に組み込んで支払う方法で、

返済期間中、0.2%程度を金利に上乗せして払います。

 

利息組み込み型は、一時金がかからないメリットもありますが、

一括前払い型に比べて総返済額が多くなってしまうのが難点です。

 

結果として、

 

「金利の低い住宅ローンを選んだのに、

保証料が利息組み込み型で0.2%ということは、

保証料が無料のところの方が実質の金利は低くなっていた。」

 

ということも少なくありません💦

 

借入額3,000万円で35年間金利1%で借入をした場合

 

〇保証料無料の住宅ローンの場合=総返済額35,567,998円

〇保証料金利に0.2%の住宅ローンの場合=総返済額36,754,487円

 

保証料のありなしで120万円も返済額が変わってくるのです。

 

 

 

 

無料資料請求・お問い合わせ