大工魂ブログ

平屋には100坪必要??

こんにちは、広報の古賀です。

 

さて、明日は完成見学会です🏡✨

 

ご予約下さった皆様

お気をつけてお越しくださいm(__)m

 

さて、今日は平屋の広さについてです(o^―^o)

 

(佐賀市K様邸:木の家)

 

一般的に平屋には…

「価格が高くなる」

「土地がかなり広く必要である」

というイメージがあります。

 

しかし、予想通り平屋は価格が高くなるのか?

というと、現実はそうではないですし

土地にしても、思っているよりも

小さな面積で平屋を建てることが出来ます。

 

例えば…

多くの方が平屋を建てるとなると、

 

「最低でも100坪は土地が必要なんじゃないか?」

 

と思われがちです。

 

もちろん、必要と思う広さは十人十色ですし

庭もリビングも寝室も、十分な広さを確保したい!

と思えば、やはりそれ相応の土地が必要になります。

 

ですが、実際は4人家族の場合でも

60坪ほどあれば、十分な広さの平屋を建てることも🏡

 

しかしながら、昨日ブログでもご紹介した通り

お客様だけでなく、不動産屋さんも住宅会社も

「家=2階建てありき」

を常識として考えてしまっているため、

50~60坪ほどの土地面積では、

当たり前のように2階建て住宅を建ててしまいます。

 

周りに建っている家も2階建てばかりですし、

2階建ての中にボツンと平屋を建ててしまった場合、

どうしても、日当たりや明るさに不安も残ってしまいます。

 

そして、もしあなたが平屋を希望されているとしたら、

50坪や60坪といった土地ではなく100坪前後もある広大な土地を

お勧めされるかもしれません💦

 

しかし、その結果なにもかもがコストアップしてしまう…

ということになも😢

 

まず、土地を余分に買ってしまった分、

土地の取得費用に不必要なコストを、

かけてしまうことになります💰

 

もし、60坪あれば十分な家が建つにもかかわらず、

100坪もの土地を買うことになってしまったとなれば、

その土地の坪単価が20万円だとしたら、

20万円×40坪=800万円も余分にかかってしまうということです。

 

また、外構工事費用においても

広く買ってしまった分、余分にかかってしまうことになりますね。

 

周囲の塀の長さも長くなれば、

整地したりコンクリートを打ったりする面積が増えるからです。

 

さらに、毎年支払わなければならない

固定資産税も高くなってしまいます。

 

しかも、60坪を超える土地に関しては、

60坪以下の土地の2倍の税金がかかることになるので、

思っているより高額な税金を

毎年納めないといけなくなってしまいます💦

 

そして、なにより大変なのはこれから一生涯し続けて

いかなくてはいけない庭の維持管理です。

 

若いうちは、身体も元気なので、

それぐらい大丈夫だろうと安易に考えてしまうかもしれません。

 

また…

 

「広い庭でゆったりと子供たちを遊ばせてやりたい!」

 

という気持ちや、

 

「買い足すことが出来ないから、買えるだけ買っておきたい。」

 

という気持ちもあることでしょう。

 

しかしながら、やがて歳をとり足腰が弱ってしまったとしたら?

 

2階の上がり下りと並んで大変なことが

この庭の維持管理の手入れです。

 

それゆえ、コスト・将来のことまで考えていくとなら

十二分な広い土地は買う必要がないということです。

 

土地を選ぶ際は、不動産だけでなく

住宅会社にも相談してみると良いでしょう😊

 

まずは無理のない資金計画を行い、

自分たちの土地予算を明確に出すこと

そして、土地探をする前に

住宅会社を決めるようにしていただくことが必要不可欠です。

 

土地に余分なコストを掛け過ぎてしまわないようにするためにも

本当に必要な土地はどの程度かを

しっかりと考えてみる必要がありそうですね😊

 
 
無料資料請求・お問い合わせ