大工魂ブログ

明るく開放的な家にするには??

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日もまたまた雨ですね☔

 

雨が続くと日の光が恋しくなるものですが

「家づくり」においても日当たりは重要なポイントです🏡

 

では、どのような工夫をすれば

日当たり良好な家を建てることが出来るのでしょうか?

 

(佐賀市S様邸:木の家)

 

誰しも、太陽の光が入ってきそうな方角には、

大きな窓をつくりたいと思うものです。

 

そして、実際家を建てる時には

より家が明るくなるように…と

太陽の光が期待出来る方角に大きな窓を

設置することが多いです🏡

 

しかし残念ながら、外から見た時

 

「大きな窓がたくさんあって明るそうだなー」

 

と感じるお家であっても

家の中は、薄暗く閉鎖的な空間であることも💦

 

なぜそのようなことになってしまうのでしょうか?

 

 

 

外から丸見え問題

 

南側が開けている土地に家を建てる場合、

南側には大きな窓をつくります。

 

しかし、そのような土地は、

外から家の中が丸見えになってしまうという

問題を抱えることになってしまいます。

 

それゆえ、その問題を解決すべく、

丸見えとなる窓の全てにカーテンをつけます。

 

レースカーテンで、防ぐことが出来れば

それほど家の中は暗くなりにくいのですが、

レースカーテンでは光を通してしまうため

依然、家の中が丸見え状態となってしまいます。

 

その結果、ドレープカーテンまで閉めてしまうことに💦

 

また、太陽の直射日光が暑過ぎたり、

眩し過ぎたりすると

やはり、ドレープカーテンの出番となってしまいます😢

 

こうなると、家の中に

太陽の光がほぼほぼ入ってこなくなってしまいますね。

 

そして、家の中が薄暗くなってしまい、

結局家の中を明るくするために、

朝からずっと電気をつけてないといけない

家になってしまうというわけです。

 

 

窓本来の役割

 

ということで…

 

明るく開放的なリビングダイニングキッチンにするためには、

ずっとカーテンを閉めっぱなしにしておくような窓は、

絶対につくらないようにしなければいけません。

 

同じ南向きの窓でも

目の前に人通りが無ければそれほど気にならなかったり

気になるようなら、木を植えるなどをしても良いでしょう👀

 

また、日差しが強い様なら

光を和らげる効果のある、木を多用するのも◎

 

つまり、外から丸見えにならず

暑くなりすぎない工夫が必要というワケです。

 

このような工夫が出来れば、

窓から外を見たり感じたりすることが出来、

結果、中と外がつながっているように感じるため、

圧倒的な広がりを感じることが出来ます🏡

 

また、家の中から窓を通して、

空を眺めることが出来るようにもなるので、

家の中で居ながら

贅沢な気分で過ごすことも出来るようになります😊

 

なにより、一日を通して光が安定的に室内に入ってくるため、

安定した明るさを保ち続けることが出来るようになります。

 

家の中に光をもたらすことは、

窓が担う大切な役割の1つです。

 

そして、「家づくり」で大切なことの1つが、

この窓にしっかりと役割を果たしてもらうことです。

 

この結果、安定的に明るくて、

開放感溢れる住まいが出来上がります🏡✨

 

 

 

 

完成見学会

 

日程:2020/2/8(土)9(日)

時間:10:00~16:00

場所:佐賀市大和町 H様邸🏠

1日限定7家族 完全予約制 

 

「完成見学会気になるなぁ。」

という方は、是非お見逃しなく✨

 

※ 既に複数のお客様よりご予約を頂いております。

  ご希望の方は、お早めにご予約下さいm(__)m

 

問い合わせ:ハピネスホーム(株)坂井建設 0952‐20‐2232 

担当:横尾

営業時間:10:00~18:00

※お車でお越しの際は、駐車場はご用意しておりますので

所定の駐車場に止めて頂けるようご協力ください。

※お子様連れのご家族も大歓迎!

キッズスペースをご用意しておりますので、安心してご覧になれます。

 

私たちは、お約束のない訪問、しつこい営業は一切いたしませんので

安心してご参加頂けます。

また、見学は皆さんに自由にご覧いただけるスタイルとなっております。

ちょっと聞いてみたいなぁと思われた時には、いつでもお声かけ下さい。

スタッフ一同ご予約お待ちしております(o^―^o)

btn_orange_apply

 
無料資料請求・お問い合わせ