大工魂ブログ

土地購入の諸費用 ③

こんにちは、広報の古賀です。

 

今回は、土地購入の際に必要となる諸費用の内

購入後にかかる費用についてのご紹介です(o^―^o)

 

 

土地購入後にかかる諸費用とは?

 

〇 古家がある土地の取り壊し費用

 

古家の残っている土地を購入した際には

その解体につき工事がかかります。

 

一般的な坪単価はおおよそ次のようになります。

 

・木造3万円~4万円

・鉄骨造4万円~5万円

・鉄筋コンクリート造 5万円~

 

あくまでも一般的な話のため、

地中の古い浄化槽を撤去する、

階数の高い建物でその足場や囲いを設置する、

また、古家でアスベストを使用している場合、

その対策費用分も割り増しになります。

 

購入前に概算費用を確認しておく必要があります。

 

40坪から50坪の木造の建物を取り壊すとなると

100万円代の前半となるのが一般的ですが、

依頼する会社によってかなり違ってきます💦

 

いくつかの会社へ見積もりをとることが望ましいでしょう。

 

 

〇 インフラ整備にかかる費用

 

上下水道や電気、ガスなど引き込み配管、

配管の設備がない土地は手軽に買えます。

 

しかし購入前には必ずそれらの設置にかかる費用を

把握しておくことが重要です。

 

場合によっては100万円を超える場合も珍しくありません。

 

 

〇 上下水道

 

上下水道の引き込みが完了しているかどうかは

各地方公共団体の窓口で確認できます。

 

もし引き込みがまだの場合は、

土地を購入して家を建てようと計画する際、

購入費用には様々な経費や税金がかかるのをご存知でしょうか。

 

費用をできるだけ正確に試算しておかなければ

家にかけようと考えていた予算を圧迫してしまいます。

 

思った通りの家が建てられないという事態にならないように、

土地購入時にかかる費用を綿密に把握しておきましょう。

 

 

〇 ガス

 

都市ガスの設備が整っているエリアでは

引き込みを行う際にガス会社へ相談に行きます。

 

一般的な住宅で利用するガスの引き込み費用は

無料で行ってもらえる場合がほとんどです。

 

しかし、前面道路のガス管が中圧や高圧である場合は

家庭用に変圧する必要があります。

 

これらの費用負担が一部必要な場合もあるので

事前に相談しましょう。

 

電気についても同じです。

 

一般家庭用に引き込む場合の工事費は

電力会社が負担してもらえます。

 

 

 

 

今回は、土地の購入時・購入後にかかる

『諸費用』についておさらいしてみました。

 

坂井建設では、土地についてのご相談も承っております。

 

ご相談はお気軽にどうぞm(__)m

無料資料請求・お問い合わせ