大工魂ブログ

家賃よりローン金額を上げる?

こんにちは、広報の古賀です。

 

一段と寒くなってきました!

 

インフルエンザも心配ですね💦

 

皆様、風邪などひかれないようお気を付けくださいm(__)m

 

さて、今日は『ローンの返済額』についてです(o^―^o)

 

 

例えば…

 

「リビングは○○帖欲しい。」

「子供部屋は●●室に、書斎も!」

「吹き抜けを作りたい😊」

「収納を出来るだけ沢山必要。」

 

というような要望を、

誰しもがそれぞれにお持ちだと思います。

 

そして、せっかく家を建てるんだから、

その要望を全て叶えた家にしたい!

と思いますよね🏡

 

ですが、家のプランというのは

ただ単に、そういった要望だけから出来上がるものではなく

環境(敷地条件)に大きく左右され

また、予算という要望にも影響をうけます💰

 

そのため、資金計画を立てて予算を決める所から、

「家づくり」をスタートさせていくのですが

ご自身の予算については、どのようにお考えでしょうか?

 

 

家賃プラス2〜3万円?

 

例えば、7万円前後の家賃から2〜3万円プラスした

9〜10万円ぐらいの返済金額で

「家づくり」を考える方が多くいらっしゃいます。

 

それぐらいの返済金額を

目安にしている住宅会社もあるようです。

 

多くのご家庭が共働きであることを考えると

その返済金額は無理がないでしょうし、

ライフシュミレーションをしても、

少々家にお金を掛け過ぎても問題ないように映るため、

これぐらいの金額で「家づくり」を進めています。

 

しかしながら!

 

「家づくり」をする上で

よく理解しておかないといけないコトは…

 

30年程度の長期間に渡って多額の借金を背負うようになるということ…

子供の成長に吊れて、どんどん出費が増えていくということ…

税金も物価も今後どんどん上がっていくということ…

自分たちがいつまでも、

今と同じ状況で居られる保障なんてないということ…です💦

 

もし、自分が病気になってしまえば?

もし、親が介護が必要になってしまったとしたら?

 

 

また、少子高齢化が進むことにより

年金の受給金額は減ることになるでしょうし、

受給年齢だって、

今よりも遅くなる可能性だって考えられます。

 

生涯お金に困ることなく、

ずっと豊かに暮らし続けていただくためにも…

もしもの時のことと老後のことまで考えた上で、

「家づくり」の予算設定を行うことをお勧めします😊

 

その返済設定から逆算して出た予算内で、

「家づくり」を行うようにすべきでしょう🏡

 

これから先ずっと豊かに暮らしていけるような予算で

「家づくり」をしたい!とお考えなら、一度ご相談ください😊

 

ご家族に合った資金計画を立てつつ、

その予算内で買える土地と、

その予算内で建てられる最高にお洒落で住みやすい家を

ご提案させていただきます🏡✨

 
無料資料請求・お問い合わせ