大工魂ブログ

間取り・内装プランの作り方

こんにちは、広報の古賀です。

 

「そろそろ家を建てたいな~」

 

と思って、まず頭に浮かぶのが『間取り・内装』では

ないでしょうか?

 

資金面も気になりますが

やはり…

 

「こんなリビングで寛ぎたいなぁ」

「趣味の部屋があったらな」

「収納を作って、スッキリした家がいいな」

 

など、夢も膨らみますね😊

 

ですが!

 

いざ、プランを作成する段階になると

なかなかイメージが固まっていなかったり

うまく伝えることが出来ずに困ってしまうことも

珍しくはありません💦

 

そこで今回は、

間取りプランを作るポイントをご紹介します(o^―^o)

 

(小城市T様邸木の家:インナーガレージ)

 

① 不満と目的

 

普段の生活の中で

 

「もっとキッチンが広かったら…」

「脱衣所が散らかってしまう💦」

「リビングが狭くて寒い!」

 

などなど、色々な不満が出てきますね。

 

自分の意見をまとめるためにも、

絶対に改善したいポイントを

しっかりと書き出してみましょう。

 

反対に…

 

「リビングは吹き抜けがいい。」

「寝室は狭くていいから、書斎が欲しい。」

「アイランドキッチンに憧れる。」

 

などの希望もあると思います。

 

この場合は、

その目的をしっかりと確認してみましょう。

 

「家族みんなで寛ぎたいから

広くて開放感のあるリビングにしたい!」

「家で仕事をすることが多いから

静かに集中できる書斎が欲しい💦」

「人を家に招いて、皆で料理をすることが多いから

アイランドキッチンにしたい😊」

 

などなど…。

 

そうすることで、仮に予算などの関係で

希望通りにならなくても

目的に沿った、新しいプランを

提案してもらうことが出来ます!

 

これらは、家族で一緒に行うことも大切です。

 

意見が合わず、後に混乱することを

未然に防いでおくことができますね😊

 

 

② 生活動線を書き込んでみる

 

ある程度間取りのイメージがまとまったら

家族全員の、一日の生活動線を書き込んでみましょう。

 

どんなに希望通りの間取りであっても

動線がしっかり確保できていないと

暮らしにくい家になってしまい

後々後悔することになるかもしれません…💦

 

朝起きてから、夜寝るまで…

 

掃除、買い物、料理などの家事

朝の支度や、帰宅後の子供たち

また、来客時についても一度チェックしてください👀

 

 

③ 家の雰囲気は写真で

 

お客様からご希望の多い内装のイメージは

 

「ナチュラルな感じ」

「カフェのような雰囲気」

「木のぬくもりを感じる家」

「派手さのない、落ち着いた部屋」

 

といったものを、よくお聞きします。

 

ですが、素材や色などを決めていく段階になると

皆様、それぞれのイメージをお持ちです。

 

同じ「ナチュラル」な内装であっても

やはり、違いは大きいですね🏡

 

そこで、より自分のイメージに近い写真などを

インターネットや雑誌などから探しておくと

より具体的に、かつ明確に伝えやすく

非常に便利です✨

 

 

 

間取りや内装は、要望やイメージを

しっかりと整理し伝えることが大切です。

 

理想のマイホームのために

上記のポイントをしっかりとおさえておきましょう😊

無料資料請求・お問い合わせ