大工魂ブログ

諸費用って?? ③

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日も、「諸費用」に関してご紹介いたします(o^―^o)

 

(佐賀市U様邸:木の家)

 

:つなぎ融資以外にも必要な費用

 

注文住宅を建てる場合には、建売住宅と比べ

付帯工事費用やつなぎ融資関連の諸費用が

思った以上に多くかかることに

驚いている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、注文住宅にはこれら以外にも

建売住宅にはなかった費用がかかります💦

 

建築確認申請費用などの諸費用です。

 

こちらもみていきましょう!

 

<その他の注文住宅特有の諸費用>


・工事請負契約書の収入印紙代

 1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円。

 

・建築確認申請費用

 建設前に役所に申請する費用。100,000円~200,000円。

 

・地鎮祭

 着工時に神主へ支払う費用など。30,000円~60,000円。

 大手ハウスメーカーは省略する場合も。

 

・上棟式

 大工さんと行う棟上げの儀式。100,000円。

 省略されることも多いです。

 

・設計監理料:数十万円~数百万円。

 ハウスメーカー・工務店は安く

 設計事務所の場合は高いことが多いです。

 

上記の諸費用だけで

20万円以上かかる可能性があるのが分かります。

 

建売住宅などの場合も、

設計料や建築確認費用などは

厳密にいえば代金に含まれているでしょう。

 

ですが、引渡時にローンから支払うのと

自己資金から用意しなければいけないのとでは

やはり気構えが違うものです💦

 

 

:通常かかる諸費用と税・保険料

 

ここまで、注文住宅特有の諸費用を見てきました。

 

他にも、注文住宅には

建売住宅やマンションのときと同様に

登記費用などの諸費用がかかります🏡

 

・売買契約書の印紙税

 物件価格が1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円

 

・金銭消費貸借契約書の印紙税

 住宅ローン申込みのときに交わす契約書。

 住宅ローンの価格が

 1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円

 

・土地所有権移転登記の費用

 登録免許税として

 固定資産税評価額(土地部分)の20/1,000。

 

 

・建物所有権保存登記の費用

 登録免許税として

 固定資産税評価額(建物部分)の20/1,000

 

 

・住宅ローン抵当権設定登記の費用

 住宅ローン金額の4/1,000

 

・司法書士代

 上記③~⑤の登記手続きを

 司法書士に依頼したときに掛かる費用

 10万円~20万円程度

 

・固定資産税

 引渡日からその年の年末まで日割りした

 固定資産税評価額(土地建物)を

 物件引渡し後に支払います

 

・不動産取得税

 物件引渡し後に支払います

 固定資産税評価額(土地建物)の3/1,000

 

・仲介手数料

 中古物件や土地・新築を仲介で買った場合、

 売買契約成立後に仲介会社に支払います

 金額は(税抜き物件価格×0.03+60,000)+消費税

 

・適合証明書発行手数料

 フラット35を利用する場合のみ必要。

 30,000円~50,000円程度。

 

・保証料

 住宅ローンを借りるために保証会社に支払う料金

 金利を0.2%程度上乗せする方法と

 一括で前払いする方法があります

 

・融資手数料

 住宅ローンを借りるために金融機関に支払う手数料

 金融機関によって金額が異なります

 

・火災保険料・地震保険料

 物件の所在地や構造、保険会社によって異なります

 数十万円~百万円単位でかかることも多いです

 

・団体信用保険料

 ほとんどの金融機関は金利に含まれるので

 諸費用として払う必要はないです

 ただし、フラット35は

 任意加入のため諸費用として支払う必要があります

 

 

・住宅ローン斡旋手数料

 住宅ローンの手続きを不動産会社に

 サポートしてもらったときに支払う料金のこと

 無料のこともありますが

 5万円~10万円程度かかるところが多いです

 

・引越し代

 5万円程度から数百万円程度まで人によって様々です

 

・インテリア・家具・家電代

 人によって様々です

 

 

やはりかなりの金額がかかることが分かりますね💦

 

注文住宅独自の諸費用とこれらの諸費用を合わせると、

やはり土地建物価格の10%程度は、諸費用にかかる費用として

用意しておいたほうが安心だといえそうです😊

無料資料請求・お問い合わせ