大工魂ブログ

諸費用って?? ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

先日

 

「諸費用って何ですか?」

 

というご質問がありましたので

ブログでもご紹介したいと思います(o^―^o)

 

(佐賀市M様邸:木の家)

 

家を建てる時にかかる費用には

の建物の本体価格以外に、

付帯工事費用と諸費用が必要です🏡

 

チラシなどに、本体価格のみ記載されており

 

「お!?これなら買える?」

 

と考えるのは危険です💦

 

では、家を建てるには

実際いくらかかるのでしょうか。

 

 

:諸費用込みの総費用の目安

 

「家を建てるのに、

いくら必要なのかさっぱり分からない!」

 

そういう場合は、

この数式で目安の金額を出すといいかもしれません。

 

・(土地購入費+本体価格×1.2)×1.1=総費用の目安

 

注文住宅の付帯工事費用は

本体価格の15%~20%が目安だといわれています。

 

また諸費用は土地購入費と建築費(本体価格+別途工事費)

を合わせた値段の6%~10%が目安です。

 

この数式は上限の20%と10%に合わせていますので、

例えば…

土地購入費が700万円で本体価格は1,500万円

の場合、総費用の目安は2,750万円。

 

つまり2,750万円用意すれば

足りる可能性が高いことが分かります。

 

 

:付帯工事費用とは?

 

本体価格に含まれるものは

ハウスメーカーや工務店にもよりますが

「基礎工事」から「木工事(建物本体を作る工事)」

サッシ・ガラス工事などの窓などを取り付ける「設備工事」

コンセントや照明の配線を調える「電気工事」があります。

 

一方、付帯工事費用に含まれるものは

本体工事費以外の項目です。

 

先ほど触れましたが、

付帯工事費用は本体価格の15%~20%が目安です。

 

ですが、地盤が軟弱だったり

公道から離れた場所や住宅地以外であったりすると…

基礎補強工事関連費用や、引き込み工事関連費用など

費用が多くかかる可能性があります。

 

 

<主な付帯工事費用の一覧>

 

・基礎補強工事関連費用

  地盤改良が必要な場合などにかかる費用


・引き込み工事費用

  水道管やガス管を敷地内に引く際にかかる費用

 

・エクステリア工事関連費用

  門扉や庭などにかかる費用


・屋外電気工事

  駐車場の照明や外にある水道を取り付けるための費用

 

・インテリア関連費用

  カーテンレールなどを取り付ける費用

 

・電設工事関連費用

  エアコンなどを取り付ける費用

 

・解体工事費用

  家を解体して新たに建てる場合に必要な解体費用

 

ハウスメーカーの場合は付帯工事費用という項目のみで、

内訳は明らかにされないことが多いようです。

 

何が含まれているのかはその建築業者によりますが、

1割前後の額を想定しておけば、

それほど差はないのではないかと思われます。

 

沢山あって驚かれた方も多いかもしれませんね。

 

ですが、注意しておきたいポイントはまだありますので

②にてご紹介いたします😊

 

 

 
無料資料請求・お問い合わせ