2020年07月

えっ!?こんなに経費が掛かるの? ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続きから…(o^―^o)

 

火災保険・地震保険

 

続いて、予算をとっておかなくてはいけない項目が、

火災保険と地震保険です🏡

 

まずは、火災保険からご説明させていただきます。

 

火災保険は、保険会社によって条件も費用も違ってきます。

 

そして、家の構造によっても費用が大きく違ってくるし、

加入する年数によっても費用が違ってきます。

 

また、保障範囲によっても費用が違い

家だけの火災保険に加入するか?

あるいは家財まで加入するのか?

によっても費用が違ってきます💦

 

例えば、弊社では、火災保険が大幅に安くなる

セルロース断熱が人気ですが

保険だけでなく、家によっても費用が変わります🏡

 

 

そして、火災保険の費用を大きく左右することの1つが、

水災の被害リスクが高い地域かどうかです。

 

水災リスクが高い地域で家を建てるとなると、

必然的に、保障範囲が広くなり保険料が高くなってしまうし、

また同時に、家財道具にも保険を掛ける可能性も高くなるので、

さらに火災保険費用が高くなってしまうからです。

 

このように、一口に火災保険と言っても

様々な要因から予算の取り方が変わってくるので、

こういったことも加味しながら

火災保険の予算を確保しておく必要があります。

 

地震保険については

火災保険に加入しないと地震保険には加入出来ないこと、

構造で保険料が大きく異なること、

耐震等級によって保険料の割引率が違ってくること

などが特徴として挙げられます。

 

また、加入出来る保険料が

火災保険で加入出来る価格の半分までであるため、

もし地震によって家が倒壊したとしても

保険料だけで建替えが出来るわけではない

ということも理解しておくようにしないといけません。

 

しかも、地震による被害の度合いによって

おりてくる保険料に差があるため、

思ったよりも保険がおりてこない可能性があるということも

同時に理解しておくことが大切になります。

 

 

家づくりに必要な登記費用

 

続いて、計上していく経費が『登記代』です。

 

まず、土地を購入した場合“所有権移転登記”という

所有権を持ち主から自分に変えるための登記費用が必要になります。

 

そして、その土地代金を銀行から借入するとなれば、

銀行が、その土地を担保に取るための、

“抵当権設定登記”という登記費用が必要になります。

 

また、家が完成したと同時に行う登記が、

“建物表題登記”です。

 

住所・構造・面積といった内容について、

法務局に備え付けるためのに行う登記です。

 

さらに、表題登記が出来ればその建物の所有権を設定するために、

“所有権保存登記”という登記を行いその登記が完了したと同時に、

その建物にも担保を設定するために、

銀行が建物に抵当権の追加設定を行うようになります。

 

このように、土地から買って家づくりをする場合、

これらの登記が掛かるようになるんですよね。

 

この他、土地の地目が宅地じゃない場合、

地目を宅地に変更する“地目変更登記”が必要になったり、

古い家が建っているためその取り壊しをしないといけないとなれば、

“建物滅失登記”が、別途で必要になることもあるので、

こういった費用をも見落とさないように注意しないといけません💦

 

 

 

 

さて、経費というと沢山のものがあります。

 

「もっと知りたい!」

「家づくりをスタートさせたい!」

 

という方は、お気軽にご相談ください😊

えっ!?こんなに経費が掛かるの? ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

「家づくり」で最初に気にかかるのが…

「月々の返済額」ではないでしょうか?

 

広告などでも、家賃と変わらない値段で!な

どと書かれているのをよく目にします👀

 

やはり月々の返済額がおさえられるというは

「家づくり」において重要なポイントです。

 

だからこそ、しっかりとやっておくべきなのが

資金計画💰

 

始めに、「家づくり」の予算を立てておくという事です。

 

自分たちにとってより良い住宅ローンを選び

また無理をすることなく、

返済金額を設定することが出来れば、

自分たちが銀行から借入すべき金額が自ずと導き出されます。

 

そして、その金額に自己資金をプラスすれば、

あなたが家づくりに掛けていい予算が分かるわけですね😊

 

「家づくり」を現実的に考えていくならば、

誰しもがこのように予算算出をしなければいけません。

 

先に土地を決め、間取りを確定し…

その結果出てきた予算を

「家づくり」の予算とするのではなく、です。

 

そこから、この予算をもとに

土地や家にそれぞれ予算の振り分けを行っていくわけですが、

今回は、多くの方が見落としがちな、

「家づくり」に付随して別途で掛かってくる経費について、

お伝えしていきたいと思います(o^―^o)

 

 

銀行にかかるお金

 

銀行で住宅ローンを借りるとなれば

必要となってくるのが銀行経費です。

 

これは、変動型の商品を選ぶか?あるいは固定型の商品を選ぶか?

によっても費用が違ってきます。

 

また、つなぎ融資に伴う手数料や金利なども

銀行によって全く異なります。

 

なので、資金計画の最初に、

金利だけじゃなく、こういった条件なども加味しながら、

住宅ローンを選びましょう。

 

そうして、選んだ住宅ローンに掛かってくるであろう経費を

漏れなく全て算出するようにします💪

 

 

 

E様邸現場紹介

こんにちは、広報の古賀です。

 

雨の日が続きますね☔

 

さて、今日は佐賀市で「家づくり」が進む

E様邸の現場をご紹介いたします(o^―^o)

 

「塗装・シーリングのプロ」嶋ノ江さんです💪

 

E様邸は、現在大人気の平屋の住宅です🏡

 

1階で生活が完結するため

動線の良さや、家族とのコミュニケーションの取りやすさが

大きなメリットです。

 

河野棟梁です💪

 

平屋は、リビングを中心に部屋続きで各寝室を配置する間取りと

廊下を作る間取りがあります。

 

廊下を作らないことで、部屋を広くしたり

人の気配をより感じられる空間にすることができます。

 

逆に廊下を作ることで

プライバシーを確保することができます🏡

 

 

因みにE様邸は…

その両方を使った間取りになっています😊

 

それぞれに良さがあるので

家族構成や、家の広さで考えてみると良いですね!

工事請負契約時に確認する書類は何? ③

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続きからです(o^―^o)

 

 

契約書にサインする前にチェックする書類、

今回は、最後に見積書、設計図についてあげていきます。

 

(前回の続き)

 

その3.見積書について

 

見積書は、工事項目、形状寸法、数量、単価などが

細かく記載されています。

 

より詳細に見積もってもらうと

追加変更の場合にもそれぞれの金額が明瞭なので、

トラブルになりにくいでしょう😊

 

 

その4.設計図・仕様書について

 

契約図面として工事請負契約書に添付される図面は

実施設計図で、ここで表しきれなかったものは、

仕様書に記載されます。

 

設計図や仕様書は、見積もりの明細と食い違いがないか、

しっかり確認しておきましょう。

 

→設計図の記載内容は?

設計図は、大きく3つの目的のために作成されます。

 

①発注者と請負者の相違がないようにするため。

②建築確認の申請に必要だから。

③工事現場に工事内容を伝えるため。

 

その内容は、15~30項目にわたり、細かく記載されています。

 

一例をあげてみます。

 

1.敷地調査報告書

2.特記仕様書

3.設計概要書

4.仕上表

5.配置図

6.平面図

7.屋根伏図

8.立面図

9.断面図

10.矩計図(かなばかりず)

11.平面詳細図

12.展開図

13.天井伏図

14.建具リスト

15.階段詳細図

16.部分詳細図

17.家具図

18.地盤調査報告書

19.基礎伏図

20.1階床伏図(土台伏図)

21.各階床伏図(梁伏図)

22.小屋伏図

23.軸組図

24.基礎詳細図

25.構造基準図

26.金物位置図

27.金物リスト

28.壁量計算書

29.構造計算書(仕様規定で対応の場合は無し)

30.外部給排水設備図

31.設備位置図

32.照明器具リスト

33.電気配線図

34.給排水設備配管図

35.住設機器図

36.外構図

 

見積書と照らし合わせてチェックするのは大変ですが、

一生に一度の大きな買い物です。

 

しっかりチェックしていきましょう💪

 

工事請負契約時に確認する書類は何?  ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続きからです(o^―^o)

 

 

前回は、契約書類の種類をチェックしました。

 

今回は、契約書類のチェックポイントを確認していきます😊

 

 

契約書のどこをチェックすればいいの?

 

その1.工事請負契約書について

 

設計や工事代金が決まると、次はいよいよ着工です。

 

この段階で、お施主様と施工会社の間で、

 

「工事請負契約書」を取り交わします。

 

この契約書には、どんなことが記載されているのでしょうか。

 

1.工事名

2.工事場所

3.着工時期及び完成の時期

4.請負代金の金額

5.請負代金の支払い時期と方法

6.調停人(定めない場合あり)

7.その他

 

まずは、工事代金の支払い時期と方法について

チェックしましょう✔

 

建物の工事は工期が長いため、

一般的に3回~4回に分けて支払います💰

 

1回目は着工時、

2回目は上棟時、

3回目は竣工時、

4回目は完成引き渡し時、

それぞれに、請負代金の何%を支払うのか取り決めをします。

 

工事の進捗度合いに見合った支払い金額になっているか

チェックしましょう。

 

その2.工事請負契約約款もチェックしよう。

 

約款には、工事中から引き渡し後にわたり、

なんらかのトラブルが生じた際の解決方法が記されています。

 

契約書にサインする前に入手し、

ご自身に不利な内容となっていないか、チェックしておきましょう。

 

次回は、その他の書類のチェック項目を確認したいと思います💪

 

工事請負契約時に確認する書類は何? ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

新築一戸建てを購入するべく、

ハウスメーカーや工務店をいろいろ渡り歩き…

 

ついに、契約!

 

の段階になったとします。

 

そこで、確認しなくてはいけない書類

または、確認したほうがよい書類には、

どんなものがあるのでしょうか。

 

今日は、この「書類」についてご紹介します(o^―^o)

 

 

一度契約すると、なかなか変更できません。

 

契約時にはどんな書類があるの?

 

契約時には、一般的に以下の契約書類を取り交わします。

 

・工事請負契約書

→契約内容が記されている。

 

・工事請負契約約款

→工事中もしくは建物の完成、引き渡し後に、

なんらかの問題が生じた時の解決方法が記されている。

 

・見積書

→見積書に記載されていないものは、

別途費用となりますので、注意しましょう。

 

・設計図書

→特記仕様書、設計概要書、仕上表、配置図、

平面図、立面図、断面図、平面詳細図、矩計図、

部分詳細図、構造図、設備図など

 

契約当日までに、控えをもらって、内容を確認しておきましょう。

 

次回は、契約書のチェックポイントです😊

 

アフターメンテナンス

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、佐賀市のK様邸のアフターメンテナンスが行われました(o^―^o)

 

代表もいます💪

 

一つ一つ項目に沿って確認していきます👀👀👀

 

「壁紙のプロ」渡瀬さんです💪

 

家中に貼られた壁紙をしっかりメンテナンス中です😊

 

河野棟梁です💪

 

坂井建設では、お引渡し後のアフターメンテナンスにも

力をいれています💪

 

木を使っているため、暮らしている中で

 

「あれ?ここが気になるな」

 

という個所は、どうして出てくるものです。

 

そんな時にも安心ですね🏡✨

 

一生住み続ける家だからこそ

定期的なメンテナンスが長持ちのコツです😊

諸費用って何?? ③

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、「諸費用」についての最終回です(o^―^o)

 

 

通常かかる諸費用と税・保険料

 

ここまで家を建てる注文住宅特有の諸費用を見てきましたが、

注文住宅も建売住宅やマンションのときと同様に

登記費用などの諸費用がかかります。

 

①売買契約書の印紙税

②金銭消費貸借契約書の印紙税

 

③土地所有権移転登記の費用

 

④建物所有権保存登記の費用

 

⑤住宅ローン抵当権設定登記の費用

 

⑥司法書士代

 

⑦固定資産税

 

⑧不動産取得税

 

⑨仲介手数料

 

⑩適合証明書発行手数料

→フラット35を利用する場合のみ必要

 

⑪保証料

→住宅ローンを借りるために保証会社に支払う料金

 

⑫融資手数料

→住宅ローンを借りるために金融機関に支払う手数料

 

⑬火災保険料・地震保険料

 

⑭団体信用保険料

→ほとんどの金融機関は金利に含まれる

⑮住宅ローン斡旋手数料

→住宅ローンの手続きを不動産会社にサポートしてもらったときに支払う料金

 

⑯引越し代

 

⑰インテリア・家具・家電代

 

 

 

やはりかなりの金額がかかることが分かりますね。

 

注文住宅独自の諸費用とこれらの諸費用を合わせると、

やはり土地建物価格の10%程度は諸費用にかかる費用として

用意しておいたほうが安心だといえます😊

 

「もっと詳しく知りたい!」

「他にはないの??」

 

という方は、お気軽にご相談ください💪

諸費用って何?? ②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、昨日の続きからです(o^―^o)

 

 

つなぎ融資とは?

 

つなぎ融資とは…

 

住宅ローンの提供金融機関が注文住宅などを建てるお客様に対し、

住宅ローンが支払われるまでの間、

着工金などの支払いを貸し付けてくれることです💰

 

しかし、ここで注意したいのはつなぎ融資期間中に

つなぎ融資の利子とその諸費用を現金で支払う必要があるということです。

 

では、気になるつなぎ融資の利子と諸費用ですが

大体いくらなのでしょうか?

 

下記をご覧ください。

 

<つなぎ融資の利子計算方法>

・借りたお金×金利÷365×借入日数

 

<つなぎ融資の諸費用>

・つなぎ融資契約書の収入印紙代

→1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円。

・金融機関への申込み手数料

→0円~100,000円

・印鑑証明などの雑費

→1,000円

 

おおよそ、つなぎ融資の金利は2%~3%。

 

3,000万円つなぎ融資で借りて、

年率3%の金利・借入期間180日とした場合は443,835円。

 

つまり、つなぎ融資関連費用だけで

50万円近くかかることも多いことが分かります。

 

 

つなぎ融資以外にも必要な費用

 

注文住宅を建てる場合には、建売住宅と比べ

付帯工事費用やつなぎ融資関連の諸費用が

思った以上に多くかかることに驚いている方もいるかもしれません。

 

しかし、注文住宅には

これら以外にも費用がかかります。

 

こちらもみていきましょう👀

 

<その他の注文住宅特有の諸費用>

・工事請負契約書の収入印紙代

→1,000万円超え~5,000万円以下の場合は20,000円。

・建築確認申請費用:建設前に役所に申請する費用

→100,000円~200,000円。

・地鎮祭:着工時に神主へ支払う費用など

→30,000円~60,000円(省略する場合も)

・上棟式:棟上げの儀式

→100,000円(省略する場合も)

・設計監理料:数十万円~数百万円

ハウスメーカー・工務店は安く、設計事務所の場合は高いことが多いです。

 

上記の諸費用だけで20万円以上かかる可能性があるのが分かります。

 

建売住宅などの場合も、設計料や建築確認費用などは

厳密にいえば代金に含まれているのでしょうが、

引渡時にローンから支払うのと、

自己資金から用意しなければいけないのとでは

やはり気構えが違うものです💦

 

 

 

 

諸費用って何?? ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

先日、「家づくり」の諸費用って何でしょう?

というご質問がありましたので

今回は、諸費用について改めてご紹介します(o^―^o)

 

 

チラシやインターネットを見てみると

売り家や注文住宅の情報を見つけることが出来ます。

 

新築を考えている方ならば、一緒に記載されている金額をもとに

きっと頭の中で月々の支払額を計算するでしょう。

 

 

ですが…

 

「これならいける!」

 

と思うのは危険です。

 

家を建てる時にかかる費用は、この建物の本体価格以外に、

付帯工事費用と諸費用が必要だからです💦

 

つまり、残念ながらこのチラシの値段では家は建てられません。

 

では、家を建てるには、実際いくらかかるのでしょうか??

 

諸費用と付帯工事費用をまとめてざっくり表現すると、

本体以外にかかる費用、といえます。

 

 

諸費用込みの総費用の目安

 

「色々資料を見たけど…

結局いくら必要なのかさっぱり分からない!」

 

そういう場合はこの数式で目安の金額を出すといいかもしれません。

 

(土地購入費+本体価格×1.2)×1.1=総費用の目安

 

注文住宅の付帯工事費用は本体価格の

15%~20%が目安だといわれています。

 

また諸費用は土地購入費と建築費(本体価格+別途工事費)

を合わせた値段の6%~10%が目安です。

 

この数式は上限の20%と10%に合わせていますので、

例えば土地購入費が700万円で本体価格は1,500万円の場合、

総費用の目安は2,750万円。

 

つまり、2,750万円用意すれば

足りる可能性が高いことが分かります。

 

 

付帯工事費用とは?

 

本体価格に含まれるものは

ハウスメーカーや工務店にもよります🏡

 

「基礎工事」といわれるものから

「木工事」といって建物本体を作る工事、

サッシ・ガラス工事などの窓などを取り付ける「設備工事」、

コンセントや照明の配線を調える「電気工事」があります。

 

一方、付帯工事費用に含まれるものは

本体工事費以外の項目です。

 

先ほど触れましたが、

付帯工事費用は本体価格の15%~20%が目安です。

 

地盤が軟弱だったり、

公道から離れた場所や住宅地以外であったりすると、

基礎補強工事関連費用や引き込み工事関連費用など

多くかかる可能性があります。

 

付帯工事費用とは、具体的に言うと、

下記のような工事にかかる費用のことを言います。

 

<主な付帯工事費用の一覧>

・基礎補強工事関連費用  :  地盤改良が必要な場合などにかかる費用

・引き込み工事費用 : 水道管やガス管を敷地内に引く際にかかる費用

・エクステリア工事関連費用 : 門扉や庭などにかかる費用

・屋外電気工事 : 駐車場の照明や外にある水道を取り付けるための費用

・インテリア関連費用 : カーテンレールなどを取り付ける費用

・電設工事関連費用 : エアコンなどを取り付ける費用

・解体工事費用 : 家を解体して新たに建てる場合に必要な解体費用

 

ハウスメーカーの場合は付帯工事費用という項目のみで、

内訳は明らかにされないことが多いようです。

 

何が含まれているのかはその建築業者によりますが、

1割前後の額を想定しておけば、

それほど差はないのではないかと思われます。

 

 

注文住宅を建てる場合の諸費用

 

建売住宅やマンションではかからず、

注文住宅を建てるときだけかかる諸費用があります。

 

つなぎ融資関連の諸費用と

建築確認申請費用などを含む諸費用です。

 

では、まずつなぎ融資とはなんでしょうか?

 

そもそも建売住宅やマンションでは手付金を支払った後は引渡時に

1度だけ支払えばそれで済みます。

 

しかし、注文住宅の費用の支払い時期は

3回~5回あるのが一般的です。

 

ハウスメーカー・工務店にもよりますが、

 

土地購入時・工事契約時・建物の建設着工時・建設上棟時・引渡し時

 

に、分けて支払う必要があるのです。

 

しかも、多くの金融機関は、

土地購入時と建物引渡し時にしか

住宅ローンを貸し付けてくれません💦

 

しかし、そうなると着工時や上棟時などに

費用を払えなくて困りますよね。

 

着工時や上棟時・引渡し時は

それぞれ建築費用の30%払うことも多いようです。

 

その費用を自費で払えない場合には、

つなぎ融資を利用するケースがほとんどであると思われます。

 

<参考:土地付き注文住宅建設時の流れ>

①ハウスメーカー・工務店選び

②ハウスメーカー・工務店などによる地盤調査

③土地購入

④ハウスメーカー・工務店と工事請負契約締結

⑤設計図の完成・建築確認申請

⑥実際の建設

⑦引渡し

 

※②地盤調査は土地購入後に行うこともあります。

すでに所有している土地の場合は③土地購入は不要です。

設計事務所に依頼するときは、④の前に別途設計事務所との契約が必要です。

 

無料資料請求・お問い合わせ