2019年09月10日

住宅ローンの基礎 ①

こんにちは、広報の古賀です。

 

一生に一度の夢のマイホーム🏡

 

一括で支払いを終えることが出来たら一番ですが

一般的には、そうもいかない金額ですね。

 

そこで今日は、住宅ローンについて

基本的な部分を一度おさらいしたいと思います(o^―^o)

 

 

住宅ローンの種類

 

  • 民間ローン

 

利用者が多く、様々な金融会社などで取り扱われており

銀行・信用金庫・住宅ローン専門会社・生命保険会社

などがある。

 

比較的審査は厳しいものの、融資限度額は高め💰

 

金融商品も豊富。

 

団体信用生命保険は加入必須だが

金融機関によって金利・融資条件・サービスなど様々。

 

金利:固定金利・変動金利・固定期間選択型

 

 

  • フラット35

 

住宅金融支援機構と民間金融機関が連携している。

 

名前の通り、全期間固定金利型だが

金融機関によって金利や手数料が異なる。

 

また、物件の性能を重視しているため

条件を満たした住宅であれば「フラット35S」という

金利を下げる制度もある。

 

金利:固定金利

 

 

  • 公的ローン

 

都道府県や市町村が行う融資制度と、

勤務先の財形貯蓄制度で

財形貯蓄を行っている人が利用できるものがある。

 

借入の最高額は4000万円で

金利は、5年ごとの見直しが行われため

金利の変動リスクがある。

 

金利:固定金利

 

 

 

 

 

 

無料資料請求・お問い合わせ