2018年05月

上手な室内干し

こんにちは、広報の古賀です。

 

最近は雨も多く、洗濯物も室内干しですね💦

 

ですが、家族が多いと、お風呂場だけでは全ての洗濯物を

干せなかったりと、不便も多いのではないでしょうか…?

 

そこで今回は、室内物干しについてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

① 吊り下げ式室内物干し

部屋干しを検索してみると、このタイプの物が沢山出てきます。

 

天井に取り付けた金物にポールを取り付け

そのポールとポールの間に物干竿を取り付ければ完成です🎶

 

価格も手ごろで、必要なときだけポールを差して使うので

普段はそれ程目立ないのも良いですね😊

 

それでも気になる方は、天井からぶら下げている金物の部分を

なるべく短くすると、より目立たなくなります。

 

 

ただし、ポールをしまっておく場所を確保する必要が出てきます💦

 

 

② 巻き取り式室内干し

先ほどの天井を使った物と違って、今度は壁を使用し

巻き取り式のワイヤーを引きのばし、そのワイヤーに洗濯物を

掛けるタイプのものがあります😊

 

色やデザインも、あまり目立たないものが多く

実際物干しに見えないので、シンプルな部屋にしたい方には

ピッタリですね♫

 

ポールと違って少々、洗濯物が中央に寄ってしまう様ですが

価格も手ごろなので、一度使ってみるものいいかもしれません✨

 

 

③ サンルーム

サンルームは室内干し専用の場所ではありませんが

最近は、干す場所として設置する方が多いそうです。

 

因みに、天井や側面がガラス張りになっていて

どこからでも太陽の光が入ってくるように設計されているので

室内干しをしても、日光の力で乾かすことできます!

 

また、晴れていてもサンルームを使う事によって

花粉の多い季節でも、洗濯物に花粉がつきません😊

 

ただし、どの程度乾くかは、設置する場所や

サンルームそのものの性能によって変わります。

 

また、上記の二つに比べ それ相応の費用がかかります💦

 

ですので、設置を考える場合は

家族とよく話し合う必要がありますね!

 

 

 

 

室内物干しにも、まだ他にも色々な商品が出ています😊

 

それぞれメリット・デメリットがあるので

干す量などを考慮に入れながら、

一度、洗濯から干すまでをイメージしてみると

何が一番合っているか、決めやすくなるかもしれませんね♪

大プロジェクト✨

こんにちは、広報の古賀です。

 

梅雨入りし、雨ばかりの毎日ですね。

 

雨が続くと何だか気が滅入ってしまいそうですが

坂井建設では、代表も東京研修から戻り

毎日が目まぐるしく過ぎていっております!

 

 

 

さて、昨日ご紹介した東京で行われた研修では

「耐震住宅」についても、重点的に研修が行われた様です。

 

地震は、日本に暮らしている以上

どうして避けられない問題です💦

 

坂井建設にとって、「良い家」とは…

「家族が安心して暮らせる家」

「豊かな暮らし」

ができる家の事です🏠

 

ですが、地震大国日本での耐震住宅とは…

そして、お客様にとっての本当に豊かな暮らしとは…

 

これらは、「良い家」を造ろうとすればするほど

大きな課題になります!

 

そんな中で、深く考え、技術を学び、家という形にしていく

大プロジェクト✨だったそうです😊

 

 

 

 

殆どの方にとって、「家づくり」は

一生に一度の事。

 

だからこそ、本当に満足して頂けるように

見えない場所であっても、万が一の事だったとして

一切の妥協はありません✨

 

日々精進ですね(o^―^o)

東京研修✈

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、代表とスタッフの横尾さんが

東京に研修に行っています(o^―^o)

 

研修先のから📷✨

 

いかにも、大都会といった感じですね…。

 

代表です😊

 

今回の研修では、最新の工法や

耐震・省エネなどの住宅性能とデザイン性を融合した

新しい住宅を建てる事を、主な目的として行われています♪

 

真剣な様子が伝わってきますね。

 

ひたすら「家づくり」に情熱を燃やしているのは

大工としての血が騒ぐからでしょうか?

 

 

 

 

 

 

今回の研修内容は、あまりに「最新」過ぎて

まだまだ発展途上の様…ですが

 

「それだけに、夢✨がある!」

 

との事😊

 

 

常に技術を磨き、新しいものを取り入れることは

簡単な事ではありませんが

一切の妥協なく、邁進する日々です💪

なぜか床が暖かい…その怖い理由は?

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、家を購入する際に起こった

トラブルについてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

 

建売住宅の場合…

 

設備などのグレードの割に値段が安く

見た目や住宅環境も良かったので、建売住宅を購入。

 

引っ越し後、家族皆で快適に暮らすこと数カ月…

最初の冬を迎えたある日、床暖房はつけていないのに

なんだか床が暖かいことに気付きました。

 

「どうしてだろう?」

と思ったものの、最初は気にせず過ごして数日後…

だんだんと床が暖かくなることが気になり

床下を点検してみることに。

 

その結果、床が暖かかったのは

お風呂の排水が床下に流れ込んでいたからだと判明しました💦

 

配水管の接続がズレており

お風呂から出た温かい排水が床下一面に溜まっていたとの事…。

 

更に調査をしてみると、家が建っている土地は地盤が弱く

それにもかかわらず補強工事をしていなかったため

なんと、家が傾き配水管がズレて水が漏れていたようなのです😢

 

家は気に入っているものの、手直しするか建て直すか…

 

どうしてこんな事になってしまったのだろうと

日々頭を痛めています。

 

 

実際、建売住宅だけでなく注文住宅であっても

外観や設備面のグレードの高さや

見た目に目が行ってしまいがちです💦

 

反対に地盤や家の基礎、骨組みなどの『構造』の部分は

なかなか気に留めにくいところ…。

 

ですが、暮らしていく家族が安全に

そして安心して住み続けるには

最も重要な部分です!

 

こういったケースに陥らないためには

建売住宅の場合は、購入する前に施工の制度を確認すし

注文住宅の場合は、契約前にしっかり施工会社と打ち合わせをして

出来れば現場見学などにも足を運んでみることが大切です🎶

 

構造は、建ってしまっては見た目には分からなくなります。

 

しかし、家の基礎となる部分ですので

きちんと確認しておきたいですね😊

 

因みに、坂井建設では現場見学も受け付けておりますので

気になった方は、ご連絡ください<(_ _)>

 

私の家には何坪必要?

こんにちは、広報の古賀です。

 

先日

「家を建てるのに、何坪ぐらい必要ですか?」

という質問がありました。

 

と言う事で、今日は「必要な坪数」について

ご紹介したいと思います(o^―^o)

 

 

まず第一に、新居にはどれ位の広さが必要なのか…

これは、ご家族の構成や年齢、ライフスタイルなどで決まりますので

「何人家族だと何坪必要」とは一概に言えません💦

 

まずは現在のお住まいの広さを基準にして、

不満や希望、家族のライフスタイルの変化を元に考えてみるのが

分かりやすく、より現実的な考え方です。

 

「収納が足りないなぁ。」

「子供部屋をつくってあげたい。」

「二世帯を考えてる。」

「階段は嫌だから、平屋にしたい。」

「お風呂場や洗面所を広くしたい。」

 

などなど…

 

ただし、注文住宅の工事費は

施工面積にもっとも影響を受けます。

 

当たり前ですが、土地を購入して注文住宅を建てる場合

建物の施工面積は、購入する土地面積が関係しているので

予算が大きく変化することになります💦

 

ですが!工夫によっては同じ面積でも

より広く使える家を建てることは可能です✨

 

家に対する考え方やライフスタイルがハッキリしているほど

ムダのない割り切った間取りが可能ですので、

この機会にご家族で新居のあり方やそれぞれのライススタイルを

確認しあってみてはいかがでしょうか♫

 

 

なお、各部屋の希望する広さをプラスしながら計算する方式は

あまり良い方法ではありません😢

 

「折角だから、広めにしよう。」

「取り合えず大きければ、問題ないよね。」


など、一つ一つはチョットした贅沢でも

積み上げてしまうと収拾がつかなくなってしまいます。

 

それよりも、現在住んでいる家の広さに対して

 

「リビングとお風呂は大きくしたい。」

「キッチンは今の広さでも十分かな。」

「子供部屋や主寝室は、小さくても大丈夫。」

 

など、希望を差し引きし

各部屋にメリハリをつける考え方の方が現実的です!

 

なお、部屋の面積と壁の厚みを含めた施工面積には

1割ほどの差がありますので、増分が多い場合には

少し多めに計算した方が無難のようです。

 

【フラット35】利用者調査ですが

平成28年度都道府県別の平均延べ床面積は

佐賀県が40.3坪で全国6位でした。

 
 

広いですね。

 

とは言え、上記しました通り

「必要な坪数」は、ご家族によって全く違います😊

  

広さを決める際には、見学会やモデルルームなど

実際の広さを家の形で見てみることもお勧めです!

 

思っていた10畳と、実際の10畳は違って感じるものです(o^―^o)

 

他にも

「実際に、詳しく話を聞いてみたい」

という方は、お気軽にご相談ください♪

T様邸引渡式

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、T様邸の引渡式が行われました(o^―^o)

 

生憎の雨でしたが、沢山の職人さん達も

集まってくれました!

 

T様ご家族ご入場です🎶

 

明るく賑やかな、素敵なご家族なんです😊

 

さて、中に入ったら早速🎥上映です。

 

ご家族の「想い」が沢山詰まった「家づくり」は

一棟一棟それぞれ違ったストーリーがあります✨

 

💐花束贈呈💐

 

松本棟梁のご挨拶です。

 

お施主様は勿論ですが、家づくりに携わった

職人さん方にも、やはり「想い」があります😊

 

T様からも、暖かいお言葉を頂きました<(_ _)>

 

そして、もちろん代表からもご挨拶させて頂きました。

 

外に出ると、いよいよテープカットです✂

 

そして…

胴上げです!

 

必ず行われるのですが、

お施主様皆さま結構楽しそうです( *´艸`)

 

さて、もちろん家の取説もあります!

 

記念にパシャッ📷✨

 

鍵もしっかり持っていてくれています(o^―^o)

 

 

 

 

『完成』という事で、

ここでT様ご家族との家づくりも一区切りです。

 

ですが!

 

坂井建設は、造ったら終わり…ではありません。

 

ここからが、本当のお付き合いの始まりです♪

 

T様ご家族とも長く長くお付き合いさせて頂きたいと

考えております!

 

これからも、よろしくお願いいたします<(_ _)>

自営でローンを組みたい…その時の注意点は?②

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日も暑い一日でしたね(o^―^o)💦

 

さて、今回は昨日の続きです!

 

 

所得を少なくしている場合は住宅ローンの審査前に修正申告しよう

 

自営業者の場合、税金対策として売上げや所得を少なめに

申告している場合もあるでしょう。

 

そうなると、住宅ローン審査には不利になります💦

 

かといって、売上げや所得を無理矢理高く申告してしまうと

所得税や住民税が上がるほか、子どもを保育園に預けている場合は

保育料も上がってしまいます!

 

自営業者が住宅ローン審査に出す書類は確定申告書です。

 

では、一体確定申告書のどの数字で審査が行われるのかというと、

確定申告書の⑨番、所得合計の数字です。

 

この数字を年収として住宅ローンの審査を受けることになります。

 

つまり、この数字で借りたいと思える金額を借りられるかどうかが

決まってきます。

 

 

 

減価償却、支払い地代、専従者給与、青色申告特別控除は経費として見ない銀行もある

 

事業の内容によっては、たくさんの設備が必要で

減価償却費が発生している場合もあるでしょう。

 

しかし、減価償却は実際にお金がかかった経費ではありません

 

なので、減価償却を経費とは見ずに所得を計算してくれる銀行もあるようです。

 

例えば、売上げから経費を差し引いた所得が350万円だとします。

 

経費の中に減価償却が100万円入っているとします。

 

減価償却も経費と見る銀行は

年収350万円で住宅ローンの審査をします。

 

しかし、減価償却費を経費としてみない銀行は

年収450万円で住宅ローンの審査をします。

 

経費の中に締める減価償却の割合が多い業種であれば、

こういう審査をしてくれる銀行はありがたいです。

 

他にも、支払い地代や専従者給与、青色申告特別控除についても

経費と見なさず住宅ローンの審査をしてくれる銀行もあります。

 

専従者給与は、家族に支払っている給料です。

 

例えば、奥さんに毎月10万円給料を支払い、

それを専従者給与として経費に計上している場合。

 

奥さんも収入合算であったり連帯債務として住宅ローンの審査に出せば、

その分住宅ローン審査の対象になる収入が増えます。

 

 

 

いろんなところで審査を受けるとよくない?

 

いろんなところで住宅ローン審査を受けるとよくないのでは?

という質問を受けることがあります。

 

ですが、審査を受けたとしても

住宅ローンの審査を受けると個人信用情報に

「住宅ローンの審査を受けた」という記録が残ります。

 

それだけです😊

 

しかも、その記録は半年間で消えるそうです!

 

もしかすると、

「A銀行でも住宅ローンの審査を受けてる…

A銀行では住宅ローンの審査に通らなかったんだな。

だったら、うちも住宅ローンの審査には通さないでおこう」

 

という判断をするような銀行があるかもしれませんが、

銀行または保証会社によって住宅ローン審査の基準が違うので、

そういうことはそんなに無いと思います。

 

もしダメでも半年経てば履歴は無くなるので、

ドンドン住宅ローンの審査を受けられるといいと思います✨

 

 

 

 

もっと詳しい話が聞きたいな~、という方や

実際に借りられたケースの具体的手順を知りたい!という方は

お気軽にご相談ください。

 

自営でローンを組みたい…その時の注意点は?①

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、ご質問の多い

「自営の場合の、ローン審査を通すポイント」

についてです(o^―^o)

 

一般的に、自営業者が住宅ローンを借りるのは

難しいと言われます💦

 

借りる側にとっても、収入が不安定であるということで、

長期間の住宅ローンに不安を感じる方もいるでしょう。

 

そこで、今回は自営業者が住宅ローン審査を通し、

見通しのある住宅ローンの借入、返済に繋げるための

秘訣を紹介します✨

 

 

 

【フラット35】を勉強しましょう!

 

住宅ローンの借入を考える時、まずはフラット35を知ってから、

銀行、農協など、他社にも審査を依頼する事をお勧めします。

 

その理由は以下の2点です。

 

1.自営業でも丁寧に審査してくれる。

 

フラット35は審査が丁寧です。

 

銀行では、自営業がマイナスの要素になることもあります😢

 

ですが、【フラット35】はあくまで収入の金額がいくらか…

そして、それに対する借入額が適正かどうか…という判断を

重要視しているようです。

 

なので、自営業者が借り入れする住宅ローンは

フラット35をまず優先的に考えてみましょう。

 

 

 

2.1年分の所得で審査を受けられる。

 

次に、【フラット35】であれば、審査に必要な所得証明は

1年分でも大丈夫なようです。

 

年収については、原則として、お申込年度の前年の収入を

証する公的証明書に記載された金額となります。


なお、公的証明書に記載された金額とは、次のとおりです。

① 給与収入のみの方は、給与収入金額
② ①以外の方は、所得金額

 

(事業所得、不動産所得、利子所得

配当所得及び給与所得のそれぞれの所得金額の合計額)

※【フラット35】ホームページより

 

フラット35のサイトに書かれてある必要書類の

所得を証明する書類の中の「確定申告をされている方」

つまり、自営業者の必要書類として

「2~3年分の確定申告」とあります。

 

なので、最低でも事業開始から2年以上は経過していないと

いけないのかと思われるかもしれません。

 

しかし、フラット35は独立して1年経過していれば、

申し込み・審査が可能で、収入と借入額、

信用情報の要件を満たしていれば住宅ローンの審査に通ります。

 

mbqsoioa4rf436dxpdex0i

 

年の途中で独立した場合は

確定申告に書ける所得は少なくなってしまいます。

 

例えば平成29年の4月に独立して、確定申告に書く所得の数字が

4月から12月のものであれば、9ヶ月分の所得しかありません。

 

しかし、フラット35の審査では

それを1年分に割り戻して計算してくれます

 

例えば、4月から9月の所得が270万円だったとします。

 

これを1年分に割り戻すと、360万円になります。

 

なので、住宅ローン審査の対象になる所得は

360万円になります!

 

他の住宅ローンでは、事業開始から3年経過していることが

条件になっているところが多い印象です。

 

事業開始から何年も経過していて、過去3年分の売り上げや

所得が安定しているなら住宅ローンの審査も問題ないと思います。

 

しかし…

「開業後まだ3年経っていない場合」

「今の売り上げや所得は問題ないが、

1年前や2年前の売上げや所得が少ないといった場合」

審査の丁寧な【フラット35】を念頭において

審査を受けられることをお勧めします😊

 

社内検査

こんにちは、広報の古賀です。

 

昨日「社内検査」が行われました(o^―^o)

 

検査の為に、職人さん方が集まって

一つ一つ丁寧にチェックしていきます😊

 

もちろん、代表もいます!

 

大工としての厳しい目👀でチェックしていきます。

 

 

一つ一つが、細かく専門的です…。

 

が!プロの職人さん同士

お互いの仕事を見ることで、切磋琢磨しています✨

 

実際、大きな施工会社などでは

誰がどの作業をしているのか分からない

という現場も多いそうです💦

 

その点坂井建設では、お互いに意見を言い合い

「より良い家づくり」

を常に意識しています😊

 

お施主様ご家族がずっと住み続けられる家を造り上げるため…

 

日々精進です✨

【フラット35】S

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日もいい天気ですね☀

 

さて、今回は【フラット35】の中でも

『S』クラスについてご紹介します(o^―^o)

 

【フラット35】Sとは…

フラット3を申込んだ際、質の高い住宅を建てていた場合に

借入金利を一定期間引き下げる制度です✨

 

対象となる、建物の性能は以下の4つです。

 

省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性・耐久性と可変性

 

更に【フラット35】Sには、「金利Aプラン」「金利Bプラン」

があり、それぞれの金利の引き下げ期間が違います!

 

金利Aプラン:10年間、年0.3%引き下げ

金利Bプラン:5年間、年0.3%引き下げ

 

どちらのプランが適応されるかは、基準が決まっています。

 

 

金利Aプラン

次の(1)から(6)までのうち

いずれか1つ以上の基準を満たす住宅🏠であることが

条件となります!

 

省エネルギー性

(1)認定低炭素住宅

(2)一次エネルギー消費量等級5の住宅

(3)性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法)

 

耐震性

(4)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅

 

バリアフリー性

(5)高齢者等配慮対策等級4以上の住宅
(共同建て住宅の専用部分は等級3でも可)

 

耐久性・可変性

(6)長期優良住宅

 

金利Bプラン

次の(1)から(6)までのうち

いずれか1つ以上の基準を満たす住宅🏠であることが

条件となります!

 

省エネルギー性

(1)断熱等性能等級4の住宅

(2)一次エネルギー消費量等級4以上の住宅

 

耐震性

(3)耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上の住宅

(4)免震建築物

 

バリアフリー性

(5)高齢者等配慮対策等級3以上の住宅

 

耐久性・可変性

(6)劣化対策等級3の住宅で、維持管理対策等級2以上の住宅

(共同建て住宅などについては、一定の更新対が必要)

 

 

 

高性能な住宅は、暮らしやすい家でもありますが

こんなメリットもあるんです🎶

(詳しくは、【フラット35】のHPに載っています)

 

「読んだけど、良く分からなかった💦」

「実際、どんな家なの?」

 

という方は、お気軽にご連絡ください😊

無料資料請求・お問い合わせ