2017年06月

S様邸へ行ってきました。

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日も相変わらずの雨でした🌂

 

体調管理にも気を付けなければいけませんね💦

 

 

 

さて、本日はS様邸へ行ってきました。

 

 

リビングに入ると、大きな窓からスーッと気持ちのいい風が抜けていきました。

 

思わず、S様ご家族がこの気持ちのいい風を感じながら、

きっと笑顔溢れる毎日を過ごしていかれるんだなぁっ、と

想像してしまいました(o^―^o)

 

更に奥に入ると、大きな音を鳴らしながら

壁作りの作業をされているところでした。

気温も湿度も上がって、過ごしやすいとは言い難い毎日ですが

 

着々と完成に向かっています。

 

因みに、こちらはトイレです。

 

なんだか、オシャレなトイレになりそうですね。

 

別の部屋に入ると、大きな収納スペースがありました。

収納スペースは絶対に確保したい、という方も多いのではないでしょうか?

 

これだけ大きいと、片付けしやすくなりそうですね。

 

そして勿論、こちらも自然素材で作られています。

 

坂井建設では、ここまで素材にこだわっているんです!

 

 

 

家の中を見渡すと、いたるところに木材が並べてありました。

 

どれほど沢山の木材が使われているのかが分かりますね。

ですが、木材は木材。

 

これらを家に変えていくのは、職人たちの手です。

 

現場では、家づくりに対する情熱や根気が見えてきます。

 

坂井建設では、今日も着々と作業が進みます(o^―^o)

環境と木材

こんにちは、広報の古賀です。

 

雨が降ったりやんだりしていますね☔

 

洗濯物が乾かず困ったものですが、植物は生き生きとしています。

 

さて、先日木材を使用するメリットに関して触れましたが

木材を多用することは、環境破壊につながるのでは?

と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ということで、本日は森林と間伐に関してご紹介します。

 

坂井建設では、自然素材の健康住宅にこだわった

家づくりを行っています。

 

そして、使用する自然素材にはもちろん木材も含まれています。

 

坂井建設のつくった家は、

まるで家の中で森林浴をしているような感覚です。

また、以前ご紹介した通り

坂井建設では県産木材を積極的に使っています。

 

では、佐賀県の森林面積は多いのでしょうか、少ないのでしょうか。。。?

 

答えは、少ないんです。

 

森林は災害の防止機能や水資源を貯める機能があり、

地球温暖化の防止などにも、とても役立っています。

 

だからこそ、佐賀県では森林を育むための活動が行われています。

 

その一つが森林整備、つまり間伐です。

 

間伐していない森林は、日光が入らないため、薄暗く植物が育ちません。

 

一方で、間伐をして森林の中に日光を入れると、木々や下草の

成長を促し、健全な森林を作ることが出来ます。

 

つまり、間伐することで森林の持つ様々な機能が

より発揮されるようになるんです。

 

こうして、木材をふんだんに使った家づくりと

環境保全は両立することが出来ます。

 

これも、木造住宅の一つのメリットではないでしょうか(o^―^o)

さが月刊ぷらざ7月号に掲載させていただきました!

ハピネスホーム㈱坂井建設が、

「さが月刊プラザ7月号」に掲載されています。

いつも大好評の完成見学会のご予約も続々と頂いてます!

ありがとうございます(^^)

この機会にぜひ、お見逃しなく☆

 

●ハイスペックな機能性と木のぬくもりを感じる家

 日にち:7月15日(土)・16日(日)

 時 間:10:00~17:00

 場 所:佐賀市川副町大字鹿江963

 

●シンプルな快適性を実現できた平屋

 日にち:7月22日(土)・23日(日)

 時 間:10:00~17:00

 場 所:佐賀市大和町大字川上4235

 

ご予約はお早めに! 

 

btn_orange_apply

 

 

 

 

 

完成見学会

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日も一日曇り空でした

ジメジメした日が続いていますね💦

 

さて、6月もいよいよ終わりますね。

 

7月というと、夏本番という感じがします。

 

更に7月には完成見学会を開催いたします!

 

最近お施主から、以前見学会に行って衝撃的だったというお話を聞きました。

 

理由は色々あったようですが、

実際に作られた家を体感できて良かった、とのこと。

 

では、そもそも完成見学会とは??

家の見学会は、施工会社が施主様のご希望に

併せて建てた家を隅々まで見る事ができます。

 

住宅展示場はあくまでも『見せるために作られた家』です。

 

そのためグレードを上げていたり、様々な装飾が

されていたりと現実味が湧きにくいです、、、

 

その点、完成見学会では施工会社がどのような家を

建てるのか見られます。

 

自然素材の家、というのは最近よく耳にします。

 

しかし、実際どんな違いがあるのか、良く分からないという方も多いはず。

 

また、実際にこれから住む家を見れることで

家づくり計画のいい参考になること間違いなし!です(o^―^o)

 

ただし、 大切なお家をお借りして開催される見学会。

 

その為幾つかのルールがあります。

 

『はだしは厳禁!』

『お子様連れの方は手をつないで!』

『むやみに壁や柱などに手を触れないで下さい!』

 

手袋を用意しているので、見学時には手袋の着用を

お願いします。

 

スリッパの用意もありますが、靴下は必ず着用を

お願いします。

 

また、キッズスペースを設けているので、

お子様を連れてのご参加OKです。

 

しかし、ご一緒に見学をされる場合は

必ず手をつないでください!

 

など。。。

 

大切な事なので、これらに関してはしっかりとお願いしています。

 

せっかくのいい機会なので、ぜひご来場ください(o^―^o)

S様邸へ行ってきました

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日はS様邸へ行ってきました。

 

曇っているため、少々薄暗くなっていますが

白と木目の深い茶色が、落ち着いた雰囲気を出しています。

 

 

 

中に入ると、壁作りが行われていました。

 

蒸し暑い一日ですが、作業は着々と進んでいます!

こちらはリビングです。

 

リビングは柔らかな日の光が入り、心地よい風が通り抜ける

そんな部屋にしたいですね。

 

 

もちろんS様邸も、大きな窓の取り付けられた、そんな素敵なリビングです🎶

 

因みに、坂井建設では木材をインテリアにもふんだんに使われていますが

木には、日光を柔らかな光に変える性能が備わっているんです。

 

木の家は、様々なリラックス効果を発揮します(o^―^o)

 

 

 

さて、更に奥に入ると「土間」がありました。

勝手口とは別に作られており、浴室に直結しています。

 

S様は外仕事が多いため、外から帰ってきたら、仕事道具をここに置いて

そのまま浴室に行けるんです!

 

玄関が泥で汚れてしまうのは避けたいですよね💦

 

ですが、気になる泥汚れも、これなら安心です。

 

坂井建設は、お客様お一人おひとりの生活を考えた

家づくりを行っております(o^―^o)

防音機能

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日も曇り空でしたが、雨は上がって涼しい一日でした🎶

 

さて、本日は防音機能についてのご紹介です。

 

何の防音機能かというと、実は「断熱材」です。

 

昨日、坂井建設の使用する「断熱材」の結露防止機能に関してご紹介しましたが

この「断熱材」には、非常に効果的な防音機能も備わっているんです。

 

「断熱材」というと、あまり防音とは関係なさそうですが💦

 

吸音性の高いセルロースを隙間なく施工することで、

非常に優れた防音性能を発揮します。

マンションやアパートを借りる時は、壁の厚さを気にされる方は多いと思います。

 

マンションやアパートは、お隣と密着した住宅設計で

 

近隣からの騒音に悩まされている、という話もありますね。

 

では、一戸建てはどうでしょう。。。

 

車の往来や工事の作業音、そしてピアノなどの楽器の音など

気になる方もいらっしゃるのでないでしょうか?

 

そこで、この「断熱材」を使用することによって、戸外の騒音や生活音の軽減、

二世帯住宅でのプライバシー保護など、生活の質の向上にもつながります。

 

快適な空間というのは、気温だけではありません。

 

防音対策も、家を建てる前にしっかりと考えたいですね(o^―^o)

断熱材で湿気対策

こんにちは、広報の古賀です。

 

因みに今日は、住宅デーだそうです。

 

これは、全国建設労働組合総連合によって1978(昭和53)年に制定されました。

 

制定当時は高度成長による住宅建設ブームで、

量産の中で職人さんをめぐるトラブルもたくさんあったそうです。

 

このため町の大工さんや左官屋さん等職人の腕と信用をPRする為に制定されたんだとか。。。

 

初めて知りました💦

 

 

 

さて、今日も一日雨でしたね、しばらく続きそうです🌂

 

そこで、引き続き湿気対策についてご紹介したいと思います(o^―^o)

 

昨日は「木の呼吸」による調湿機能でしたが、今日は「断熱材」です。

 

 

坂井建設は、非常に高性能な断熱材を使っています。

 

ですので、熱の移動を防ぎ「夏は涼しく」「冬暖かい」

快適空間を作り出すことが出来ます。

 

しかし、それだけでは無く「結露防止機能」が備わっているんです。

 

結露は、空気中の水分によって起こります。

 

 

そもそも空気は水分を含んでいますが、どのくらいまで含めるかは温度により変わってきます。

 

つまり、温度が低ければ含むことのできる水分量は減ります。

 

冬に結露が多いのはそのためです。


しかし、梅雨は気温が高めにも関わらず結露します。

 

それは、水分量が多すぎて、空気中の水分が飽和状態になるからです。

 


結露はカビの発生も招いてしまいます。

 

そこで、高性能な断熱材を使って結露を防止し、カビの発生も防ぐことが出来るんです!

 

もちろん、断熱をしない部分(隙間)には、湿気が集まり結露を起こす場合があります。

 

しかし、坂井建設が使用する断熱材は、隙間なく高密度で施工するので、

湿気の流動を抑え結露を防止します。

 

この様に、断熱材もまた、湿気(結露)対策に一役買っています!

 

湿気対策と木材

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、久しぶりに一日雨が降りました🌂

 

雨の季節に困るのは、やはり湿気ではないでしょうか?

 

湿度を抑えるために除湿器を使ったりしますが、

一度カビが発生してしまうと、掃除が大変ですよね💦

 

そこで今日は、木材の調湿作用についてご紹介します。

 

 

 

 

坂井建設では、木材をふんだんに使用しています。

内装

柱としてだけではなく、インテリアとしても使用される木材には、

自然素材であることの安心感だけでなく、肌に伝わる温もりや香りなど、

多くの魅力があります。

 

そして、木材に関してよく耳にするのが

“木は呼吸している”というフレーズではないでしょうか?

 

実は、呼吸といっても、人間のように空気を吸ったり吐いたりする呼吸ではないんです。

 

周囲の温度や湿度に合わせて、空気中の水分を吸ったり吐いたりしているという意味で、

“呼吸している”と表現されています。

 

もちろん、木材に加工されても、この“呼吸”は続いています。

 

乾燥した木材は、自然に湿気を吸収・放出を繰り返し室内の湿度を調整しているんです。

 

つまり、部屋の中が乾燥している状態では、木の中に含まれている水分を吐き出して、

逆に湿気の多いときには、余分な湿気を吸収します。

 

これが、“木材は生きている”といわれる所以でもあります(o^―^o)

 

更に、木材の湿度保持能力は空気中の湿度保持能力に比べてとても大きいため、

木材だけで室内の湿度を適度にコントロールすることができるんです。

 

 

 

「家」は、その土地の気候などを考えて作られてきました。

 

坂井建設の家づくりもまた、佐賀の気候にあった家づくりをおこなっています。

 

だからこそ木材にこだわって、より快適な暮らしを作り上げます。

 

オシャレだけど、快適。

 

木材の「呼吸」は、そんな空間を作ってくれています!

T様邸へ行ってきました。

こんにちは、広報の古賀です。

 

一日ジメッとした暑さでしたね💦

 

さて本日は、先日無事棟上げの終わったT様邸へ行ってきました。

坂井建設の幕もしっかりと下がっています。

 

こちらは、玄関前です。

ヘルメットで良く分かりませんが、代表です💦

 

防水シートが貼られていました。

 

もちろん玄関先だけではなく、家全体に張り巡らされていきます。

 

家は建てたら終わり、ではありません。

 

後々メンテナンスが必ず必要になってきます。

 

しかし、この防水シートの部分は交換などが出来ないんです。

 

だからこそ、坂井建設では高品質なものを使用し

しっかりと雨漏りなどから、家を守っています。

 

加えてこちらのシートは、防水だけでなく遮熱の効果もあるんです。

 

これから暑い毎日がやってきますが、このような見えない場所で

「快適さ」というのは、作られています!

 

中にはいると、窓・サッシが取り付けられていました。

サッシは気密性の高いものを使用し、断熱効果を上げています。

 

また、風や砂、ほこりなどの吹き込みを減らすことが出来

更に湿気を防ぐことで、カビの発生も防ぎます。

 

更に中に入ると、既に沢山の柱が立っていました。

下部にはシロアリ対策の木炭が塗られて、黒くなっていますね。

 

上を見上げると。。。

こちらは制震ダンパーが幾つも取り付けられていました。

 

いざという時には、家と家族を守ってくれます!

 

 

 

家、というと完成したものばかり見てしまいます。

 

しかし、こういった中身がとても重要であることは、言うまでもありませんね。

 

坂井建設では、一つ一つの工程すべてに情熱を持って取り組んでいます(o^―^o)

花菖蒲

こんにちは、広報の古賀です。

 

今日は、神埼にある公園に立ち寄った際に

花菖蒲が(ハナショウブ)が咲いているのを見かけました。

ですが、菖蒲と花菖蒲は、全くの別物だということを知りませんでした(^^;)

 

菖蒲と言えば、端午の節句ですね。

 

菖蒲湯をわかす習慣があります。

 

そして、菖蒲はショウブ科の植物なんだそう。

 

一方で花菖蒲は、紫色が綺麗な花ですよね(他の色もあるようですが)。

 

こちらはアヤメ科の植物だそうです。

 

紛らわしいですね。

 

紛らわしいついでに。。。

 

菖蒲と書いてアヤメと読む花もあります。

花菖蒲とよく似た花なのですが、こちらも花菖蒲とは別物です。

 

更に、何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)と諺になるぐらい、

アヤメとそっくりなカキツバタという花もあります。

 

見分けるのは、なかなか難しそうですね💦

 

因みに、佐賀市にある大和中央公園花しょうぶ園では、

毎年5月下旬~6月中旬に約4万株100種類の花菖蒲が見事に咲き競います。

 

梅雨に花見のイメージはありませんでしたが、一度見に行ったら楽しそうですね(o^―^o)

 
無料資料請求・お問い合わせ