2017年02月

制震装置ダンパー取付作業中です!

2017-02-27 20.40.52

 

2017-02-27 20.40.56

 

ハピネスホームでは建築基準法においての構造計算を全ての建物に対して行い、

建築基準法第6条に基づく申請をし、許可を得て耐震工事を行います。

建築基準法上の通過した構造計算をもっと上回るように、全棟に制震装置ダンバーを

標準で取付をしています!

よくお客様や関係者から、

「そこまでせんばですか?」

と言われたりしますが、

全てはお施主様ご家族が安心して暮らして行けます様に・・・・・それだけです!!

 

2017-02-27 20.41.05

 

2017-02-27 20.41.07

 

T様ご家族の笑顔の為に、想いを込めてT様邸にはメーカー推奨数22ヶ所に取付を行いました(^^)

家づくりの道のり②~基礎工事編~

2016-09-26 22.19.49

基礎工事①

 

 

前回は地盤の調査方法を中心にご紹介しました。

続いて行われるのは基礎工事です。

よく、「家は、土台がしっかりしていないと!」

なんて一括りにいいますが、建築工程では、基礎と土台は別のものです。

 

基礎工事も様々な工程があります。

今回は、基礎工事の流れについてご紹介します。

 

●まずは、基礎をつくるための作業から

 

まず、建物の基礎を作るために土を掘削し、それを平らに仕上げます。

これを根伐り、床付といいます。

次に、砕石を5cmほどの厚みで敷き、転圧します。

この段階で、一度 防蟻処理 をします。

日本では、北海道の一部を除いてシロアリは随所に生存します。

 

なので、土壌、柱、外壁ともに防蟻処理が必須なんです。

 

2016-06-02 06.46.24

 

続いて、砕石の上に防湿フィルムを敷いて、

外周部には捨てコンと呼ばれる下地となるコンクリートを

深さ5cmほど流し込み、平らな面を作ります。

 

コンクリートから管が出ているのは、

給水管などを通す、さや管といわれるものです。

 

給排水管を直接コンクリートに埋め込まず、さや管に通すと、

交換がしやすいので、維持管理対策等級が最高級の3となります。

2016-09-22 19.45.51

給排水管の寿命は30年程度といわれますが、長期優良住宅になると、

この給排水管をチェックするための点検口をさらにつくったりします。

 

そして、基礎のコンクリートを流し込む前に、配筋作業を行います。

 

ベタ基礎の場合は、耐圧盤と呼ばれる床面が必要となり、

立ち上がり部分と一緒に鉄筋が組み込まれます。

いよいよ、基礎のコンクリートを打設します。

 

最初に耐圧盤、

それがしっかり硬化すると、立ち上がり。

コンクリートが水としっかり化学反応を起こして固まるように、

水分が逃げないように養生します。

 

養生しないと、夏場は急激に乾燥したり、冬場は凍結して水分がなくなったり、

ひび割れの原因となります。

 

養生のあと、型枠を外すと、基礎の完成です。

建築基準法では、基礎の地盤面から立ち上がりの高さは

30cm以上となっています。

 

立ち上がりの高さがあると、

雨の跳ね返りや、地面からの湿気の影響を受けにくくなり、

木部の劣化、白アリの被害の低減などにつながります。

 

この高さが不足していることによるトラブルもあるそうなので、

施工中には現場に足を運んで、いろいろとチェックしておくと

良いかもしれません。

 

意外な出費?ライフライン整備にかかる費用や特殊仮設工事なる費目

 

例えば、購入した土地が畑だった場合は、ライフラインは未整備状態。

上水道を引っ張ってくる、

下水道は道路より高く・・・、

 

など、場合によっては200万近くかかるケースもあります。

 

もう一つ、意外な出費は「特殊仮設工事」なる費目。

これは、周辺の道路が狭く、職人さんの車を駐車したり、

荷下ろししたりするスペースがない場合に生じるものです。

 

離れた場所に駐車場を借りたり、そこからの運搬をしたり、

ガードマンを立たせたりするなどといったことになると、

数十万円かかるケースもあるのです。

 

契約後に意外な出費で困らないように、

予め調べておきたいですね。

 

家づくりの道のり①~地盤調査編~

地盤調査って聞いたことあるけど、どんなことをするんだろう?

疑問に思っている方も多いと思います。

今日は、地盤調査についてのお話をしたいと思います。

只今、S様邸の完成に向けて地盤調査が始まったところです。

house_reform

 

    ●家はどんな工程を経て完成するの?

 

    家は、様々な工程を経て完成します。

    次の項目は、新築一戸建て住宅の建築の一般的な流れです。

    建築の流れを知ることは、家づくりの理解へとつながります。

    工事に着工するまでに、敷地調査や建物のプランニングを行ってから、

    住宅の建築が始まります。(木造軸組工法の場合)

家は、様々な工程を経て完成します。

次の項目は、新築一戸建て住宅の建築の一般的な流れです。

建築の流れを知ることは、家づくりの理解へとつながります。

工事に着工するまでに、敷地調査や建物のプランニングを行ってから、

住宅の建築が始まります。(木造軸組工法の場合)

 

1.地盤調査と地盤改良・地盤補強工事

2.地縄張り・遣り方

3.地業工事(掘り方・割栗石・砕石・転圧・防湿シート・捨てコンクリート)

4.基礎工事①(基礎配筋)

5.基礎工事②(基礎の底盤部分(スラブ)のコンクリート打設)

6.基礎工事③(基礎の立ち上がり部分のコンクリート打設)

7.木工事(土台敷き)

8.構造躯体(建て方:柱、小屋組など、上棟まで)

9.屋根工事(野地板・ルーフィング・屋根仕上げ材)

10.外壁工事①(防水工事:透湿防水シート)

11.外壁工事②(外壁仕上げ)

12.断熱工事(断熱材)

13.ベランダ防水工事

building_jiban_chousa-300x261

 

     ●地盤調査って、どんなことをしているの?

 

     スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)とは?

     ←木造住宅でよく使われる方法です。

     先端がキリ状の器具に荷重をかけ、25cm下がるまでに

     ハンドルを何回転させたかによって、地盤の強さを表します。

     その値を、N値と呼びます。

     深度10mまで測定することができます。

     費用は比較的安価で、1か所を調査する場合2万円前後です。

     通常は5か所を調査するので、5万円から10万円ほどです。

 

04ILAL11-286x300

 

      ●ボーリング調査

 

      ボーリング調査は最も基本的な地盤調査方法です。

      正確な地盤調査ができる反面、かなり費用がかかるため、

      RCの中規模以上の建物を建てる場合はこの方法を使いますが、

      一般の木造住宅ではほとんど使われません。

      高台の場合は30万円前後、低地の場合は80万円ほどになることも

      あるそうです。

      調査方法は、先端にサンプラーを取り付けたロッドの上に63.5kgの重り

      を76cm自然落下させて打撃します。

      サンプラーを地面に30cmめり込ませるのに要する打撃数をN値といい、

      それによって地耐力がわかります。

      同時にサンプラーで土を採取し、砂質土なのか、粘性土なのかを調べる

      ことができます。

 

ziban_img03

 

    ●表面波探査法

 

    表面探査法は、地表から地中に向けて振動波を発信し、

    地盤の硬さを調べる方法です。

    硬い地盤ほど新藤派が速く伝達する性質を活用し、振動波の反射時間に

    よって、地盤が硬いか柔らかいかがわかります。

    費用は、上記の2種類の間くらいで、SWS調査よりも正確な調査結果が

    得られます。

 

ziban_img04

 ●地盤調査の結果によっては改良の必要もある

 

 建築を依頼する会社が決まると、まずは地盤調査を行います。

 地盤は建物を支える土台なので、どんな状態であるかの確認は

 必要不可欠になってきます。

 軟弱地盤がある場合は、地盤の改良工事を行います。

 建築を依頼する会社が決まると、まずは地盤調査を行います。

地盤は建物を支える土台なので、どんな状態であるかの確認は

必要不可欠になってきます。

軟弱地盤がある場合は、地盤の改良工事を行います。

地盤改良には良好な地盤までの深さによって、

 

●表層改良工法(軟弱地盤が2mくらいまでの場合)、

●柱状改良工法(軟弱地盤が2m以上8mまで)、

●鋼管杭工法(軟弱地盤が2m以上で深度30mくらいまで施工可能)、

 

3種類があり、軟弱地盤が浅いほど費用は安くつきます。

土地は、状態によっては地盤改良工事に多額の費用がかかることがあります。

メリット、デメリットを知ったうえで購入するか、事前によく調べることをお勧めします。

 

次回は、基礎工事編です。

お楽しみに!

本日はS様邸の地盤調査です

2017-02-23 20.45.44

2017-02-23 20.45.47

 

なんとか天気が回復して、予定通り地盤調査を行いました(^^)

 

2017-02-23 20.45.50

 

S様ご家族が長い間、安心して暮らして行けますようにしっかりとした

地盤調査を行い厳しい第三者機関での審査を通過し地盤保証を獲得して行きます!

「パッシブ」な住宅・入門編

前回は、ZEHの話でしたが、

今回は、その中で出てきた「パッシブ」について

簡単にまとめてみます。

 

●パッシブハウスの由来

写真:レバンテ資料

_DSC0390

Wikiペディアより

 

パッシブハウスとは、ドイツパッシブハウス研究所が規定する

性能認定基準を満たす、省エネルギー住宅のことです。

 

日本で最初のパッシブハウスは、2009年8月に神奈川で建築されました。

 

パッシブハウスの名前の由来は、

高性能の住宅の建築により、

アクティブな例暖房器具が不要であるという意味合いから、

「パッシブpassive(受け身の)」の名がつけられました。

 

●パッシブハウスにするには?

設計段階で、最初に出てきたドイツパッシブハウス研究所に

審査を依頼します。

 

そこで性能基準を満たしていれば、仮認定書が発行されます。

施工後、設計機能を有しているか躯体性能試験を行います。

基準を満たしていれば、正式な認定書が発行されます。

 

●パッシブハウスの性能のすごさ

写真:レバンテ資料より

_DSC5664

 

パッシブハウスは、気温が―20℃になる極寒の地でも、

暖房なしで過ごせるほどだそうです。

 

日本には四季があるため、

日本の気候に合わせたパッシブハウスの建築が望まれています。

 

・・・さて、今回は「パッシブ」な住宅・入門編をお届けしました。

様々な住宅業界のキーワード、知っておいて損はありません。

次回も、気になるキーワードをチェックしてみたいと思います。

新時代の家づくりに必要なキーワード講座

今回は、最近よく耳にする「ZEH」についての話をしたいと思います。

「ぜへ?」

いいえ、

「ゼッチ」 と読みます。

 

ZEH=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

 

の略語で、政府のエネルギー基本計画の取り組みの1つです。

エネルギー基本計画とは?

エネルギー基本計画とは、

 

日本の将来のエネルギー方針をまとめた指針です。

政府は、エネルギー基本計画において次のような

目標を掲げています。

「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、

2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指す」

・・・文章の羅列で、わかりにくいですね。謎が深まった感じがします。

 

では、新たに出てきたキーワード、ZEHとはどんな取り組みなのでしょう。

簡単に言うと、

1年間の消費エネルギーを「ゼロ以下」にできる住宅を目指そう、

ということです。

 

省エネ   +   ZEH   =  0以下

 ↓         ↓

パッシブ     アクティブ

植栽        創エネ(太陽光発電)

高断熱窓      蓄エネ(蓄電池)

高効率給湯設備   HEMS(エネルギーの可視化)

 

上記で、エネルギーの式として表してみました。

ZEHに必要な設備は?

lgi01a201408201000

どのようにつくると、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスにできるのでしょうか。

<ZEHに必要な設備など>

・電気をつくるための設備

・電気を貯めておくシステム

・HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)

による、エネルギーの使用状況がわかる表示機能。

・住宅そのものの省エネ化

エコガラスや断熱サッシなどの利用、

「パッシブ」な省エネ技術を導入する、など。

 

:ZEH化はお金がかかる?

初期費用は今までの住宅と比べて多少かかりますが、

つくったエネルギーを電力会社に売電し、収入を得ることができます。

長期的な視点では、コストを比較すると逆にお得になる場合もあります。

補助金制度も活用するとよいでしょう。

 

今回は、ZEHについて簡単にまとめてみました。

住宅業界も日進月歩で進化しています。

ZEHに対応した様々な取り組み、この機会に調べてみてはいかがでしょうか?

 

本日はT様邸の棟上げ式でした(^^)

2017-02-20 21.23.51

 

2017-02-20 21.23.54

 

2017-02-20 21.24.01

 

悪天候の中でしたが、無事に棟上げ式を行いました!

雨量1ミリの天気予報を信じて決行しましたが午前中は1ミリどころか10ミリ位の

雨量に見舞われましたが、お施主様の気遣いと優しさとウチが誇る最強の職人集団の

お陰で事故もなく無事に終える事が出来ました!

 

2017-02-20 21.23.58

T様に私からプレゼントした2本の大黒柱をお施主様に建てて頂きました(^^)

2017-02-20 21.24.08

 

2017-02-20 21.24.03

 

昔から棟上げ式の時に雨が降込む事を「福が舞い込む」と言い、縁起が良いと言われていますので

これからもT様ご家族の笑顔の為に想いを込めて一生懸命施工させて頂きます!

2017-02-20 21.24.10

 

2017-02-20 21.24.13

 

2017-02-20 21.24.16

 

 

先日はF様邸引渡式でした(^^)

2017-02-19 21.12.44

2017-02-19 21.12.47

 

F様ご家族との家づくりは昨年5月から始まり、思い出があり過ぎて無事に引渡式を行えて嬉しくもあり、

寂しい気持ちもいっぱいです。

工事期間中から職人たちから関係者一同を温かく見守って頂きいつもF様ご家族の愛情を感じながら

仕事をさせて頂きました(>_<)

2017-02-19 21.12.59

 

2017-02-19 21.12.50

 

その分、私たちもF様ご家族の笑顔が見たくて、喜んでもらいたくて一生懸命熱い想いを込めて家づくりを

させていただきました(>_<)

 

2017-02-19 21.12.56

 

これからもF様ご家族の期待に応えれるよう

F様ご家族の一生涯のパートナーとして全う

できますように常に成長し、常に企業努力に努め

存続していく使命を果たして行きます!

F様!本当にお世話になりました(>_<)

 

これからが本当のお付き合いになりますので

今後も宜しくお願い致します(^^)

祝!涙、涙のF様邸 完成引渡式

本日はF様邸の引渡式でした。みんなでアーチを作ってお施主様に入場していただきました。

2017-02-18 20.45.38

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーチでお施主様入場

kat

  ご家族全員でテープカットをし

また一つ思い出が増えました。

2017-02-18 21.54.28

 

2017-02-18 22.55.40

 

 

 

 

   

 

 

 

 

手作りの大きな鍵を贈呈

kagi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主様に喜んでもらえるよう

愛情込めて作らせていただきました(^^)

2017-02-18 23.07.54

業者さんからの取扱説明

2017-02-18 21.52.22

花束贈呈

2017-02-18 21.52.48

お花に負けないくらいの笑顔で

喜んでいただけました(^^)

2017-02-18 21.55.30

職人代表河野からの挨拶。

いつもクールで物静かですが、職人としての想いは誰にも負けません。

照れながらも笑いを誘い素晴らしいコメントをお伝えし、お施主様もとても

喜んでおられました(^^)

代表挨拶が終わりF様邸のマイホームヒストリーのDVD鑑賞をし、お施主様も感動して

泣いておられたので本当に私も嬉しく、DVD作戦は大成功でした!

2017-02-18 21.51.48

お施主様からの挨拶では「家づくりに対して日本一の職人さんが集まるチームワークのとれた会社で家を造っていただき私たちの自慢の家となりました」と大変嬉しいお言葉をいただきました。

syatyou

社長挨拶では感極まって社長自身も涙が止まらずお施主様もずっと涙をぬぐっておられました。

2017-02-18 15.22.35

外に出てからはみんなで旦那様を胴上げ!

2017-02-18 15.22.39

旦那様、最高の笑顔(^^)

2017-02-18 15.21.58

ご家族で記念撮影

2017-02-18 15.21.46

これから楽しい思い出を増やして

くださいね!

2017-02-18 15.22.15

最後はみんなで記念撮影

関係者一同F様ご家族にお会いでき

たこと、嬉しく思っております。

oreisina

 

F様から御礼の品をいただきました。 

本日は涙あり、笑いありの素晴らしい引渡式となりました。

F様、新築完成おめでとうございます。そして、ありがとうございました。

これが最後ではなく、これからがお付き合いの始まりですのでまたいつでも

ご連絡くださいね(^^)

F様ご家族が新しい住まいで素敵な日々をすごされますよう、お祈り申し上げます。

無料資料請求・お問い合わせ